【ソフトウェアDB集】Asset Intelligence Network

Asset Intelligence Networkとは?

SAPの資産インテリジェンスネットワーク(AIN)は、資産集約型産業における機器メーカ、オペレータ、および保守プロバイダ向けの安全なクラウドベースの情報交換を行います。
SAPのHANAクラウドプラットフォーム上に構築されたAIN(今では一般的に利用可能)は、早期導入者のフィードバックに基づいて、四半期ごとに更新をしています。
SAPは、AINとPredictive Maintenance and Serviceの監視および分析ソフトウェアとの統合を強化するために取り組んでいます。
AINが目指しているのは、OEM、機器運営者、およびその機器を管理する企業が、そのコンテンツのフォーマットにかかわらず、製造、使用、またはサービスについてのすべての最新情報へアクセス、もしくは入力できることです。
製造元は、AINを使用して、マニュアルやメンテナンスの推奨事項など、各製品に関するすべてのコンテンツを利用できるようになりました。機器オペレータは、そのデータのいずれかに簡単にアクセスできるだけでなく、使用している特定の設定や機器自体のリアルタイムな情報を確認できます。

機能性および効果

  • ネットワーク
    SAP資産インテリジェンスネットワークは、資産製造業者、オペレーター、およびサービスプロバイダーに相互接続します。アセットパフォーマンスのフィードバック、分析結果、デプロイメント戦略やメンテナンス手順のベストプラクティスの交換を容易にします。
  • コンテンツ
    ネットワークは世界の資産のリストとなり、世界的な分類で一意のIDと関連するメタデータを提供します。共同資産管理および顧客サービスプロセスの基盤を提供します。
  • 統合
    SAP資産インテリジェンスネットワークは、SAPS/4HANAを含むさまざまなSAPソリューションとのネイティブな統合を提供します。エンタープライズシステムとプラントシステム、そしてネットワーク内のすべてのステークホルダー間の円滑なデータ交換を促進します。
  • アプリケーション
    SAPは、SAP資産インテリジェンスネットワークで複数の機能を実行するアプリケーションを提供します。顧客は高度な分析機能を共有し、機器管理や保守の実行プロセスに関するコラボレーションを支援します。

技術的能力

  • クラウドベースの導入
    迅速かつ費用対効果の高い方法でSAP Cloudを立ち上げ、実行します。
  • インメモリ技術<
    SAP HANAを使用した最先端のインメモリコンピューティングテクノロジの活用が可能です。
  • SAPソリューションとの統合
    SAPS/4HANAなどのエンタープライズソリューションとネイティブに統合
  • モノのインターネット(IoT
    貴重な機器とマシンをネットワークに接続します。
  • 直感的なUX
    SAP Fiori UIを使用して、統一された直感的なユーザーエクスペリエンスをお楽しみください。

直近の話題なニュース

各種データ

提供会社 SAP
ユースケース
ソフトウェアカテゴリ ネットワーク管理プラットフォーム
OS ウェブブラウザ
ライセンスタイプ SaaS(ウェブベース)
ウェブサイト https://www.sap.com/products/asset-intelligence-network.html
サポート https://support.sap.com/en/index.html
関連する動画

導入事例

  • Singtel:東南アジアの大手電気通信会社の1つであるSingtelは、急速に変化する情報の膨大な量に対処しています。この消費者データの潜在的な可能性を認識して、同社は分析の子会社であるDataSparkを創設し、顧客に洞察を提供しました
  • Siemens:。将来的にはグループ全体のITインフラを整備するため、SAP ERPアプリケーションの最新バージョンに移行し、SAPHANA®プラットフォームに移行しました。その結果、シーメンスは16万人以上のユーザーに対して投資と生産性の大幅な向上を達成しました。

情報の更新: 2018年02月23日現在

IIoTへの戦略的な取り組みを進める製造業。IIoTをベースとした技術やユースケースを分析 世界のIoTに関するレポート公開中