【動画】Moecoの紹介ブロックチェーンがIoTの源になる

Moecoは手頃な価格でネットワークアクセスを実現する分散型のブロックチェーンのプラットフォームを提供します。MMoecoはIoTの可能性を高め、市場の成長を加速させます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

もうすでにあなたはIoTという言葉は聞いたことがあるかもしれません。ですが、IoTが実際に何かは知らずに興味がある状態にいるのではないでしょうか?

モノのインターネット(IoT)は全てのデバイスの接続の事を意味します。それによってあなたの生活をより良くする事が出来ます。

駐車場の請求書を後からあなたの携帯に送ることが出来たり、コーヒーショップの来客者数をカウントする事でコーヒーが来るまでの時間を早くしたり、犬に追跡装置をつけて常に犬がどこにいるかを把握していたりさらにはスマートスプリンクラーでは必要な時に植物に水をあげたりする事が出来たりします。

信号機、気象ステーション、スマートホームセキュリティセンサー、デリバリー配達追跡など、これらは全てIoTで繋がっています。

ですが、接続することには少し難しい事があります。GSM通信では電力の消費が激しく、BluetoothWi-Fiなどの低電力ソリューションでは長く稼働する事が出来ますが、その代わりに対応出来る範囲がものすごく狭い為、家の周りなど、ごく一部でしか使えません。

LP WANでは低電力で広範囲でカバーする事が可能で、LP WANは適当な基盤施設が成り立っている事が前提しておりますが、世界中のネットワークとも連動してい為、例えば犬がどこにいるかを把握したい場合などに役立ちます。

そこで、moecoをご紹介します。

moecoはブロックチェーンIoTプラットフォームで既存のIoTネットワークを統合しています。

円滑なグローバルローミングが可能で全ての人がmoecoのゲートウェイを使用する事が出来ます。

LP WAN接続は特別なゲートウェイを使っており、それも同時に使う事が出来ます。

LP WANに限らず、短い距離に特化しているBluetoothの対応もしています。

Moecoスマートフォンアプリケーションであなたの携帯電話は、周囲のBluetoothセンサーやデバイスにmoecoソフトウェアを使用してサービスを提供する事が出来ます。

ただ携帯をあなたと一緒に持ち運ぶだけでIoTサービスとお金を稼ぐ事が同時に出来ます。

moecoはどこでも使用する事ができ、使用許可証などにサインする必要が全くありません。

街をよりスマートにするために、生活をより豊かにする為にmoecoが役立ちます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
世界のスマートファクトリー市場、2025年には約29.6億ドルに。見える傾向と市場の詳細分析レポート 世界のIoTに関するレポート公開中