Savigent Software、新しいCEOとCFOを発表

Dean Truittはチーフ・エグゼクティブ・オフィサーに、John Mitchellは最高財務責任者に任命されました。

イベント駆動のスマートマニュファクチャリングとIndustrial Internet of Things(IIoT)ワークフロー自動化ソフトウェアのリーディングプロバイダであるSavigent Software, Inc.は、Dean Truittを最高経営責任者(CEO)に任命しました。Truittは、35年にわたるビジネスの変革、製造とサプライチェーンの運用の最適化、ソフトウェアとテクノロジーのソリューションの導入に関する技術的背景を持っています。彼は、Fortune 500のディスクリート製造、自動車、食品および消費者製品会社の戦略オペレーションアドバイザーでした。Truittは過去1年間、Savigent Softwareの取締役およびCFOとして勤務していました。Savigentに就任する前は、いくつかの高成長中産市場企業のCEOとCOOを務めました。彼はEYのパートナーであり、コンシューマープロダクトプラクティスの国家リーダーでした。TruittはAccenture(旧Andersen Consulting)の技術と業績向上のためにキャリアをスタートしました。

John Mitchellは1月にSavigent Softwareに最高財務責任者として入社しました。最近、Mitchellは、Hewlett Packard Enterprise(HPE)の財務管理部門で、アプリケーションとサプライチェーン&オペレーションを含むさまざまなビジネスユニットで18年間勤務しました。HPEに就任する前は、2001年にHPに売却された、高い成長を誇るコンサルティング会社Rainier TechnologyのCFOを務めました。全国の会計事務所でCPAと監査マネージャーとしてキャリアをスタートしました。
Truitは、

「革新を推進し、破壊的な技術を進化させ、顧客が競争上の優位性を高めるためには、Savigent Softwareチームの一員となることを嬉しく思っています。スマートマニュファクチャリングとIIoT市場でのリーダーシップを継続し、二桁台の成長を推進することに重点を置きます」

と語りました。

Savigent Softwareについて

Savigent Softwareは、製造業の厳しい環境のために開発されたスマートマニュファクチャリングソリューションとワークフロー自動化ソフトウェアのリーディングプロバイダです。Savigent Software Suiteは、世界中のディスクリートメーカーとプロセス製造業者の両方にサービスを提供し、製造インテリジェンス、システムインテグレーション、ワークフロー自動化のためのプラットフォームを提供します。Savigentのソリューションは、お客様が運用効率を向上させ、可視性を獲得し、洞察を明らかにし、製造資産を管理し、プロセス管理を改善し、製品品質を向上させることを可能にします。詳細については、http://www.savigent.comをご覧ください。

原文はこちら: Savigent Software Announces New CEO and CFO

自動車産業とともに成長する、ヨーロッパの8ビットマイクロコントローラ市場 世界のIoTに関するレポート公開中