【動画】海外のIoT高速鉄道

ローマからナポリへの高速鉄道でのイベントがSAPとトレニタリア社によって行われました。トレニタリアは、SAP HANAのプラットフォームを使い、顧客に効率的かつ信頼性の高いサービスを提供し、最大で8~10%のコスト削減を達成する事が出来ます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

ここは、イタリアのローマで、イタリアの国鉄であるTrenitalia(トレニタリア)とSAP HANAがデジタルの旅へとThomas Leonhardi氏を試乗会で連れて行ってくれます。

モノのインターネット(IoT)がどのようなものか、この電車に乗ったら分かります。約1時間でローマからナポリへIoTを搭載した電車は人々を運びます。電車は1時間に20~25マイル進むことが出来ます。

試乗会では、様々な企業の顧客やジャーナリスト、政府関係者などが電車に乗っていました。

SAPとトレニタリアの経営陣はプレゼンテーションを行い、IoTソリューションでの予測メンテンナンスや人とIoTとの関係についてを深く説明しました。

電車には、何百にも及ぶセンサーが搭載されており、モーターの温度の計測を行ってエンジンが一定の温度に達した回数の記録やブレーキの効き具合などの記録もセンサーが稼働する事によって行われています。

試乗会はローマからナポリへ人々をのせた後、ナポリでトレニタリア社が「未来」についてのプレゼンを行いました。

電車をメンテナンスするスケジュールを組み立てるより、車両に搭載されているIoTセンサーがリアルタイムで問題をリポートしてくれます。これは、SAP HANAプラットフォームにより行われます。

その為、メンテナンスが必要な時のみにメンテナンスをする事が出来ます。

顧客満足度の向上がIoTセンサーを搭載している一番の利点として挙げられます。

会社の視点からしたら、コストの大幅な削減が出来ることがとても大きく関係をしています。

トレニタリア社は、新しいIoTセンサーの導入でメンテナンスコストが8~10%も削減出来たことを発表しました。

金額で表すと、1年間で1億ユーロが削減される事になります。

アナリストは、モノのインターネットは全ての産業において変化するだろうと予測しています。

McKinsey&CompanyのRichard Kelly氏は「2025年までに経済が及ぼす影響は11兆にもなる事が予測されます」と言っています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
IoTシステムの導入により成長するスマートマニュファクチャリング市場。セグメンテーション、市場予測、投資分析を解説 世界のIoTに関するレポート公開中