【企業DB集】Jingit

主な事業内容

Jingitは、リアルタイムイベントベースの支払いプラットフォームです。 Jingitは支払いとマーケティングを統合し、マーケティング費用をリアルタイムで管理された通貨として消費者取引にもたらします。市場における他のすべてのソリューションは、取引後ベースで機能しますが、この独自のリアルタイム機能により、リアルタイムのイベントベースの支払で、小売、出版、およびモノのインターネット(IoT)を含む様々な分野にわたる複数の問題を解決します。
以前は商取引の動きは1人のバイヤーが1人の売り手と話し1通貨を交換すると単純でした。現在、商取引には、オンライン、オフライン、店舗、およびモバイルデバイス上で消費者、商人、マーケティング担当者、クレジットカードネットワーク、パブリッシャー、データブローカーなどが関与することで、支払い、広告、データやプライバシーと複雑になってきています。
現在あるソリューションはカードの利便性を凌駕するほど魅力的ではないため、消費者は未だにカードでの支払がほとんどです。
Jingitは全ての点を結びつけ、関係者を保護し、どんな価値のものでも収益化することで、リアルタイム商取引決済機関となります。

直近のニュース

投資ラウンド情報

  • シードラウンド、2010年2月18日に$115,000を調達
  • シードラウンド、2010年4月8日に$385,000を調達
  • シリーズA、2012年11月19日に$6,999,000を調達

リードインベスター: なし

会社概要

Jingitは、リアルタイムのイベントベースの決済プラットフォームであり、管理された通貨として消費者取引にマーケティング費用をもたらします。

事業関連ワード
設立日 2010年
創立者 Joseph Rogness, Todd Rooke
従業員数 11-50
ウェブサイト http://www.jingit.com
SNSアカウント Facebook: なし
Twitter: http://twitter.com/jingit
お問い合わせ先 support@jingit.com
電話番号 なし
アメリカ
日本の拠点 なし
関連する動画

情報の更新: 2018年02月22日現在

AIによる医療革命。創薬、臨床試験、ロボット手術、患者管理を効率化 世界のIoTに関するレポート公開中