2018年IoTの10の予測

新しいレポートでは、2018年はIoTが実験段階からビジネススケールに移行し、Forrester Researchは、IoTが将来の顧客価値のバックボーンになると予測しています。IoTインフラストラクチャIoTプラットフォームに特化し、専門のIoTプラットフォームに移行、プラットフォームやイニシアチブへの影響、およびセキュリティは引き続き重要な懸念事項なると予測されます。

Forresterが2018年にIoTに起こると予測していることは以下の通りです。

企業は、音声ベースのサービスを試運転して消費者に提供するための努力を加速する。

フォーチュン500の音声ベースのサービスの複雑さ、幅および品質は、2018年に拡大し、利用可能なサービスはおそらく倍増します。単純なタスク以上のものに対する認証が必要とされる金融サービスやその他の業界には遅れが生じるでしょう。

新しいヨーロッパのガイドラインは、IoTデータの商業化へゴーサインを出す。

米国の企業のデータと分析に対する責任者の45%が既にデータを商品化していると答えていますが、フランスの企業の35%、ドイツの企業の38%しかそうしていません。この遅れを認識して、欧州委員会は先進技術の使用を促し、データ経済を刺激するためのガイドラインを発行する。

マーケティング担当者はIoTの機会に目を向けるが、ウェアラブルはまだニッチである。

ますます多くのデバイスにAmazon AlexaやGoogle Assistantなどのインテリジェントエージェントが登場し、企業がその採用を進めると、マーケティング担当者は顧客とのやりとりの新しい方法に目を向けるでしょう。より親密なブランド体験を構築し、スマートなホームスピーカーやスマートウォッチなどの新しいインターフェースのモバイルモーメント戦略を拡張します。Forresterは、2018年末までに米国だけで1,200万件を超えるスマートウォッチの販売台数が増加するかかわらず、実際に活用される市場はニッチなままであると予測しています。

主な使用事例は、エッジソリューションの展開において急増だろう。

現在、IoTが有効なビジネスプロセスは、主にオンプレミスのデータセンターやクラウドで生じます。
2018年には、これらのプロセスを可能にする、ローカルデータの分析が必要となるビジネスプロセスを展開する企業間で勢いが増します。
エッジIoTデバイスは、生成するデータに基づいてローカルで動作するだけでなく、セキュリティ、スケーラビリティ、構成、展開、および管理のためにクラウドを活用します。

産業用IoTプラットフォームのビルダーはIaaS事業を終了する。

過去12ヶ月間にわたり、主要な産業用IoTプラットフォームはすべて、AWSIBM、およびMicrosoftを含むハイパースケールのクラウドプロバイダを通じて、業界またはIoT固有の機能を利用できるように取り組んできました。これらのハイパースケールのクラウドが広がり、厳しい規制を超えて、独自のIoT機能を強化することで、この傾向は加速するでしょう。

IoTプラットフォームの提供は、設計とシナリオの操作に特化し始めます。

製品や経験にIoTを組み込む製品設計者は、リモート製品の管理、監視、制御の機能を必要とします。 IoT事業者は、さまざまなIoT対応ビジネス資産をビジネスプロセスに統合することができるオーケストレーションソフトウェアを必要とし、IoTビットを自動化することで、ビジネスに集中できます。構築されたIoTプラットフォームを選択する傾向が高まります。

デベロッパーは、IoTプラットフォームの統合を促進します。

より多くの企業は、データの処理コストを削減し、ネットワークの待ち時間を短縮するために、データの処理と分析をネットワークの端に押し進めます。 しかし、IoTプラットフォームがネットワークの中心にサービスしか持たないことはますます受け入れられなくなります。一貫性のあるプログラミングと分析モデルでエッジとコアの両方をサポートする費用は、IoTプラットフォームプロバイダーの最大のコミットメントを犠牲にするので、今後3年間でその市場への意欲が減るか、市場を離れるようになるでしょう。

開発者は、パブリッククラウドのIoTプラットフォームサービスを介してデバイスの統合を追求します。

開発者の要求である、導入コストの低さ、プロトタイプ作成のための迅速な導入、グローバルな手配、記録とエンゲージメントのシステムとの容易な統合やメンテナンス負担軽減を全て満たすため、パブリッククラウドプロバイダによるIoTプラットフォームの採用は加速する。

IoTはより広範囲でより有害なサイバー攻撃の中心となる。

IoTのセキュリティ意識は高まっていますが、顧客の経験、コスト、市場投入まで時間は、セキュリティ要件よりも引き続き優先されます。これにより、強力なセキュリティ管理を実装することが難しくなり、最終的な運用環境から特定のセキュリティ機能を残すこともあります。ハッカーが機密データを抽出するためにシステムを侵害しようとするため、エンドポイントデバイスとクラウドバックプレーンの両方で、IoT関連の攻撃がさらに増えます。

ブロックチェーンベースのIoT導入率は5%に上昇します。

ブロックチェーンは、既存のテクノロジーインフラストラクチャとの信頼性、安定性、シームレスな統合を必要とする大規模な展開にはまだ対応していません。しかし有望なパイロットプロジェクトが始まっており、IoTとブロックチェーン技術と製品の成熟により2018年のブロックチェーンの採用を促進します。

原文はこちら: 10 Predictions For The Internet Of Things (IoT) In 2018

デジタル化が進む自動車産業に統合されるゲーミフィケーション技術。その概念と先進技術の調査、分析 世界のIoTに関するレポート公開中