【動画】IoTデバイスをハックするのはどのくらい簡単?Mobile World Congress Americas #MWCA2017にて

動画では、IoTセキュリティ問題についての説明をしています。ドローンを使ったデモでは、ドローンを操縦しているネットワークをハッキングするという実験を行っています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

avastのデモンストレーションへようこそ。

IoTデバイスをハッキングするのはどのくらい簡単でしょうか?それを説明する代わりにもっと楽しくデモンストレーションでお見せしましょう。

まず最初に、二人の同僚を紹介します。McHaleには「良い人」、Martinには「悪い人」を演じてもらいます。

McHaleはスマートフォンとドローンを接続して、ドローンからのライブ映像をもとに操縦しています。

では、何がこれから起こるか説明しましょう。
McHaleがドローンを楽しく操縦しているところにMartinがサーバー接続を利用してMcHaleが使っていた接続を傍受し、ハックします。それによって、McHaleがドローンを操縦していたのに対し、ハック後はMartinが全ての操縦をする事が出来るようになるのです。

デモンストレーションの場には、ドローンが入っている大きなシースルーの箱があります。その箱の中でドローンを操縦します。

では、デモンストレーションの開始です。
McHaleがドローンを操縦しています。McHaleはとても楽しそうです。

そこに、Martinがやってきます。Martinはとても早く、そして簡単にドローンのネットワークを奪ってしまいます。

ほんの30秒程度で、Martinがハッキングをして完全にドローンの操縦を行うことが出来ました。
これぐらい、ハッキングを行うことは簡単な事なのです。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
グローバル5G市場 – 5年間で約97%のCAGRで拡大し、2025年には251億米ドルの価値に達する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中