FogHorn、Bosch Connected World 2018で産業アプリケーション用のエッジベースのセンサフュージョンを実証

最先端のインテリジェンスプロバイダが、デジタル、ビデオ、およびオーディオのデータストリームを組み込んだ高度なセンサー融合アプリケーションを実演

IoTソリューションのエッジインテリジェンスソフトウェアの主要開発者であるFogHorn Systemsは、2018年2月21~22日にベルリンで開催される次回のBosch Connected World 2018会議に参加することを発表しました。FogHornは、異種のデジタル、ビデオ、およびオーディオデータフィードをリアルタイムで実用的な洞察に迅速に合成することを要求するIndustrial IoTIIoT)アプリケーションで、ソフトウェアプラットフォームが果たしている役割がますます高まっていくことを実証します。
エッジ解析とエッジ機械学習の強力な組み合わせにより、事業者が管理するマシンやプロセスに近接したオペレーターによるリアルタイムの意思決定が可能になり、あらゆる産業部門でのデジタル変換の基礎となっています。FogHornのソリューションにより、アプリケーション開発者、システムインテグレータ、およびプロダクションエンジニアは、産業用の高性能エッジ解析ソリューションを構築し、高度に分散された分散エッジ環境にこれらのアプリケーションを迅速に導入することができます。そのソースでデータを処理するこのアプローチは、帯域幅の使用、データストレージコスト、およびサイバーセキュリティの曝露を削減するだけでなく、より高度なIIoTアプリケーションの増加に不可欠な高信頼性、待ち時間のないリアルタイム応答性を容易にします。

Foghorn SystemsのCTO、Sastry Malladiは次のように述べています。

「今日、最も貴重な工業用センサデータの一部は、オーディオとビデオの形で登場しています。IIoTの最も複雑でミッションクリティカルな使用事例に効果的に対処するために、エッジ解析と機械学習を組み合わせたセンサ融合を可能な限りデータソースの近くに配置する必要があります。現在、FogHornは、制約の厳しいコンピューティング環境でこのレベルのエッジインテリジェンスを提供できる唯一のベンダーです。」

目的: Bosch Connected Worldは、IOTで成功するために必要なインスピレーション、教育、つながりを提供することを目的とした、世界を祝うイベントです。
日時: 2018年2月21-22日
場所: ブースB-11、STATION-Berlin、ベルリン、ドイツ
内容: FogHornは、デジタル、ビデオ、およびオーディオデータストリームを組み込んだ高度なセンサー融合によるエッジインテリジェンスがどのようにして産業操作を強化しているかを実演します。参加者は、製造業や石油・ガス業界のエッジインテリジェンスアプリケーションの実演を直接目の当たりにすることができます。
Bosch Connected World 2018のFogHornの詳細については、https://www.foghorn.io/bosch-connected-world/をご覧ください。

FogHornの製品の詳細については、https://www.foghorn.io/をご覧ください。

FogHornシステムについて

FogHornは、工業用および商用のIoTアプリケーションソリューション向けの「エッジインテリジェンス」ソフトウェアの主要開発者です。FogHornのソフトウェアプラットフォームは、アドバンスドアナリティクスと機械学習の機能をオンプレミスのエッジ環境にもたらし、高度な監視と診断、マシンパフォーマンスの最適化、予防保守、運用インテリジェンスの使用事例のための新しいクラスのアプリケーションを実現します。FogHornの技術は、製造、電力、水、石油・ガス、再生可能エネルギー、鉱業、輸送、ヘルスケア、小売、スマートグリッドスマートシティ、スマートビルディング、および接続車両アプリケーションのOEM、システムインテグレータ、エンド顧客にとって理想的です。
FogHornとLightningはFogHorn Systemsの商標です。ここに記載されている実際の企業および製品名は、それぞれの所有者の商標です。

メディア連絡先
Kyra Tillmans
ktillmans@10fold.com
+1 925-271-8214

原文はこちら: FogHorn to Demonstrate Edge-based Sensor Fusion for Industrial Applications at Bosch Connected World 2018

ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想 世界のIoTに関するレポート公開中