【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|2月20日火曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。火曜日は話題な「ハウツー記事」です。

安全なスマートホームを構築する方法

家庭で接続されているデバイスの数が飛躍的に増加しているということは、その分デバイスへの侵入者を招いてしまう機会も増加しているということです。この脅威を軽減するために家庭でできることを紹介します。

  • ガジェットのアップデート
    PCのルーターを含めて、すべての電子機器を定期的にアップデートしておくこと
  • 各デバイスの設定をチェックする 
    常時ウェブに繋ぎっぱなしの設定や、すべてのデバイスのパスワードを同じものにしないなどと同時に、適切なWiFiセキュリティを施しておく
  • 購入に際しては、名前の通った会社のものを選ぶ
    斬新なアイディアの新製品を購入する前には、事前に情報をチェックしておく、一旦システムを購入したら、そのシステムが対応する製品を揃えるようにする
  • ルーターに注意を払う
    ルーター自身がIoTを備えた新製品も登場

現状とれる最適な手段は、アップデートを行い、パスワード設定とその管理をしっかり行うことです。

話題の元記事はこちら: How to Build a Smart Home That’s Actually Secure

マシーンラーニングベースのIoTシステムを設計する方法

IoTの採用は5-10年前に予測されたほどには進んでいません。この理由は、ビックデータを収集するだけでは十分でなく、そのデータを活用することが重要なのです。
マシーンラーニング・アルゴリズムを利用するプレディクティブ・アナリストはこれを達成することができます。過去のデータを解析するだけでなく未来を予測することも可能です。これはビジネスとエンドユーザーにとって、計り知れない魅力となります。
ここでは、4つのマシーンラーニング・アルゴリズムを紹介します。

  • ニューラルネットワークを使った、クラシフィケーション(又はクラスタリング)
    その特性や性質などによりグルーピングを行う
  • word2vec
    セミスーパーバイズド・ラーニングを使った、隠れたレイヤーを備えたニューラルネットワーク。デバイスの利用状況を学習することができる。
  • 長/短期メモリー(LSTM)アルゴリズム
    過去に関する情報を現在のタスクに関連付けることが可能
  • 強化学習アルゴリズム
    人間の学習パターンに類似した、試行錯誤による学習

話題の元記事はこちら: How to architect your Machine learning based IoT system?

自分のIDとアクセスマネジメントシステムを使って、AWS IoTリソースへのアクセスをコントロールする方法

AWS IoTは管理されたクラウドプラットフォームで接続されたデバイスが、Message Queuing Telemetry Transport (MQTT) プロトコルや, HTTPを介して,簡単で安全にクラウドのアプリや他のデバイスとコミュニケーションを図ることを可能にします。
全ての接続されたデバイスはAWS IoTに認証されなければなりません。AWS IoTはTransport Layer Security (TLS)マニュアル認証プロトコル又はAWS Signature Version 4アルゴリズムを使用します。
その後ソリューションをデプロイするには、

  1. Lambda機能を創出
  2. オーソライザーを創出
  3. デフォルトオーソライザーを指定(オプショナル)
  4. Lambdaに起動許可を追加
  5. Lambda機能をテスト
  6. カスタムオーソライザーを起動

の手順を踏みます。

話題の元記事はこちら: How to Use Your Own Identity and Access Management Systems to Control Access to AWS IoT Resources

マシーン・トゥ・マシーン(M2M)IoTデバイスのネットワーク対応準備の度合いをテストする方法

M2MコミュニケーションはIoTムーブメントの大きな部分を占めています。
自社のネットワークがこれに対応可能かどうかは、どのように検証できるでしょうか?
M2Mコミュニケーションは、フィールドサービス、環境モニタリング、ヘルスケア、交通量管理などをターゲットにしているため、企業のM2M開発に当たっては、どのコネクティビティプロトコルを選択するかが課題となります。
ワイヤレステクノロジーには以下のようなタイプがあります。

  • M2Mタイプ
    広範なテクノロジーに対応
  • セルラー
    大容量のデータの高速送信が可能、M2Mで使用する際には、カバレッジ、ポータビリティ、バッテリー寿命などを考慮する必要あり
  • WiFi 
  • Bluetooth

話題の元記事はこちら: How to test wireless M2M IoT devices for network readiness

免許不要のLPWANからNB-IoTに(又はその逆に)リデザインする方法

BLE/WiFiから免許不要のLPWAN又はNB-IoTにリデザインするにはどうすればよいのでしょうか?
ヨーロッパ、アメリカオーストラリアおよび日本では、免許不要のSubGHzバンドの規制はTXパワーレベルと周波数バンドにより異なります。使用可能なエアタイムも異なります。小型のBLE/WiFiデバイスからSubGHzにリデザインするのは、波長が3倍近く長くなるで、ほぼ不可能です。アンテナの構造も3倍大きくなり基平面も同様に3倍大きくなります。
しかしながら、免許不要のバンドから免許が必要なバンドおよびNB-IoTに移行することは通常それほど困難なことではありません。コツさえわかれば、両方に対応できるシステムを構築することができます。その方法はまた改めて説明します。

話題の元記事はこちら: How to redesign from unlicensed LPWAN to NB-IoT and backward? – Basic idea

統合が進む産業テクノロジー。5G、IIoT、3D印刷、ビッグデータなど次世代アプリケーションとサービスの計画、戦略、市場... 世界のIoTに関するレポート公開中