【動画】ロボットが人からテスト運転業務を引き継ぐ:デジタルビジネス

ITは現代を支えている重要な役割があります。TEBOTは機械の試運転(テスト)の期間を33%も短縮する事で、市場投入までの時間を大幅に短縮し、タイムラグなしで行うことが出来ます。また、BLUELinkは製造工場の全てのセンサーを管理し、機械の故障からおこる生産の低下を防ぎます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

アメリカの宇宙機関はとても素晴らしい機関です。

私達は、月に行った人の事はよく知っていますが、それを裏で支えている人の事についてはいつも着目していません。

ミッションの全てを検証し、証明するために彼らは長年の努力をしています。
ITシステムも同じです。ITは現代、つまり今日を支えるている重要な役割があります。

Cognizant IoT QAは宇宙機関の裏で支えている人と同じくらいの情熱で全ての作業に取り組んでいます。

ある日、自動制御されているハブが故障したと仮定しましょう。この時、相互運用性に対しての対応が不十分だった事が指摘されます。

ただ、市場投入までの時間に影響を与えずにこのような事が可能でしょうか?

はい、TEBOTがあるので可能になりました。TEBOTは人間の相互作用を再現する事が出来るロボットです。33%ものテスト運用期間を減らすことが出来ます。

TEBOTはWellnessアプリの検証、そしてその他のウェアラブルデバイスと人間に対するアプリの検証を行います。

鉱山業など、危険を伴う作業では、環境に合わせた的確な機械を使い作業する事を勧めます。

そして、BLUELinkは、仮想ソリューションの一つで、センサーを模倣します。

BLUELinkは有害なガスなど、あらゆることをデスクトップ上に表示する事が可能です。
製造工場の全てのセンサーを管理し、機械の故障からおこる生産の低下を防ぎます。

BLUELinkはe-cigaratteの研究も進めています。その為、検査員はタバコを吸う必要がなくなりました。

TEBOTとBLUELinkはIoTのほんの一部の要素にすぎません。
顧客にとって、IoTはとても良いツールとして使えるでしょう。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
成長し続けるモバイルデータ。5Gテクノロジーの概要、世界の動向、5Gが可能にした機能と機会を検証 世界のIoTに関するレポート公開中