【企業DB集】先週のご紹介企業まとめ|2月12日〜2月18日

PullString

PullString、Inc.は、デザインとテクノロジーの組み合わせにより、テキストと音声の両方でコンピュータ会話の分野をリードしています。同社の主力製品であるPullString Platformはエンターテイメント、カスタマーサービス、ゲーム、VR、旅行、自動車など様々な分野の企業、代理店、新興企業に健康とフィットネス、財務、人的資源、IoTなどを含めた、プロフェッショナルなオーサリング環境、AI機械学習ランタイムや統合された会話分析を提供します。 Facebookのメッセンジャー、Amazon Alexa、Skype、Slack、Kik、モバイル、Webなどの主要な会話プラットフォームを直接サポートするPullString Platformは、その他にもCall of DutyのMessenger、Hello BarbieのLt Reyes、ウィンストンショーなどにも使用されています。 2011年にToyTalkとして設立されたPullStringは、Greylock Partnersから4,400万ドル以上の資金を調達しました。

事業関連ワード: アメリカAIプラットフォームVR機械学習

ウェブサイト https://pullstring.com/about/
SNSアカウント Facebook: https://www.facebook.com/pullstringinc
Twitter:
https://twitter.com/pullstringinc
設立日 2011年
アメリカ

詳しい情報はこちら

Benu Networks

Benu Networksは、米国マサチューセッツ州ビレリカに本社を構える経験豊富なチームが率いる民間企業の通信ソフトウェア企業です。 Benu NetworksのキャリアクラスのVirtual Service Edge(VSE)ソフトウェアプラットフォームは、統合インフラストラクチャ上で次世代IPサービスの作成と迅速な配信を可能にします。 VSEにより、サービスプロバイダーは、同じプラットフォーム上にさまざまなサービスネットワークスライスを作成し、ビジネスネットワーキング、マネージドホームネットワーク、キャリアWi-Fi、マネージドセキュリティ、マネージドIoT、SD-WAN、およびネットワークアナリティクスの管理を可能にします。 Benu Networksのソリューションは、サービスプロバイダーの収入の増加、市場リーダーシップの拡大、ビジネス、住宅およびモバイルの顧客のダイナミックなニーズを満たすことを可能にします。ベンチャーキャピタルファンドの支援を受けて、Benu NetworksはSutter Hill Ventures、Liberty Global Venture、Comcast Ventures、Spark Capital、ARRIS Group、Inc.から資金を調達しています。

事業関連ワード: アメリカプラットフォームインフラストラクチャセキュリティ、、プロバイダー

ウェブサイト http://www.benunetworks.com
SNSアカウント Facebook: https://www.facebook.com/benunetworks/
Twitter:
https://twitter.com/benunets
設立日 2010年
アメリカ

詳しい情報はこちら

Blue Pillar

Blue Pillarは世界を動かすエネルギーをあらゆるものと繋いでいます。Blue Pillarは、すべてのエネルギーを単一のプラットフォームに統合する唯一のIoTソリューションであり、リアルタイムデータのパワーの発揮や重要なインフラストラクチャの強化をすることで、ビジネスを加速させます。 Blue PillarのAurora®は、センサーからクラウドまでのセキュリティが組み込まれたテンプレート駆動プロセスによって自動化されています。 Blue Pillarを使用することで、企業はエネルギー効率が改善され、さらに理解を深めます。グリッドがダウンするとビジネスが継続するという安心感を得ることができます。

事業関連ワード: アメリカプラットフォームソリューションビッグデータセキュリティ

ウェブサイト http://bluepillar.com
SNSアカウント Facebook: http://www.facebook.com/BluePillarInc
Twitter: http://twitter.com/bluepillarinc
設立日 2006年3月3日
アメリカ

詳しい情報はこちら

MagicCube, Inc.

MagicCubeは、デバイスから自立したIoTセキュリティプラットフォームであり、デバイス攻撃、クラウド攻撃やネットワーク攻撃から保護します。
MagicCubeソリューションは、あらゆるデバイス、トランジット、およびクラウドをデバイスのハードウェアソリューションと同じレベルのセキュリティで保護します。また、ハードウェアの導入時のような複雑さやコストがかかりません。

事業関連ワード: アメリカセキュリティプラットフォームデバイスマルウェア

ウェブサイト http://www.magiccube.co
SNSアカウント Facebook:
Twitter:
https://twitter.com/MagiC3inc
設立日 2014年
アメリカ

詳しい情報はこちら

Buddy

Buddyは、接続された「IoT」デバイスの製造元とベンダー向けにデータホスティングや管理ソリューションの提供をしています。Buddyはいくつかの接続されたデバイスにコードを追加するだけで、デバイスによって生成されたテレメトリデータを世界中のさまざまな地域でホストすることができます。さらに希望であればデータを任意のビジネスインテリジェンス(BI)ツールセットにプッシュする前に、データのシェイプとクエリの実行も可能です。
テレメントリー管理に加えて、リアルタイムのRESTful APIを通してテレメントリーストリームにクエリと、デバイスの外部からのコントロール用のメッセージング・メカニズムを公開することにより、M2Mシナリオを可能にします。Buddyよりも軽量で、効率的なIoTデータ管理プラットフォームはありません。

事業関連ワード: アメリカインフラアプリケーションデバイスM2M

ウェブサイト http://buddy.com
SNSアカウント Facebook: http://www.facebook.com/BuddyPlatform
Twitter:
http://twitter.com/BuddyPlatform
設立日 2011年9月22日
アメリカ

詳しい情報はこちら

スマートファクトリー市場は2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長。技術、コンポーネント、エンドユーザー産... 世界のIoTに関するレポート公開中