Honeywell、産業界の人材育成にAR / VRシミュレータを導入

クラウドベースのミックスドリアリティ(複合現実)シミュレーションを提供するHoneywell社のConnected Plant Skills Insight Immersive Competencyと呼ばれるシミュレーションツールは、現場作業員のスキルを100%向上させ、トレーニング時間を150%短縮させることができます。

Honeywell (ハネウェル)(NYSE:HON)は本日、クラウドベースで拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を組み合わせた、産業現場での人材育成のためのシミュレーションツールを発表しました。今後5年以内に工場プラント作業員の50%が退職予定となっているため、Honeywell Connected Plant Skills Insight Immersive Competency(ハネウェル コネクテッドプラント スキル洞察 没入型コンピーテンシー)と呼ばれるこのツールを使って、トレーニングを強化し、新しい現代的な方法を用いて現場作業員を迅速に育てることが出来るように設計されています。

Honeywellの先進的なトレーニングソリューションは、ミックスドリアリティとデータ分析、そしてHoneywellの25年間に渡る労働者コンピーテンシー(高業績者の行動特性)管理の経験を組み合わせて、実地訓練のためのインタラクティブな環境を作り出します。このソリューションは、世界初の独立型ゴーグルタイプのホログラフィックコンピューターであるMicrosoftの「HoloLens」とWindows Mixed Realityヘッドセットを使用して行われます。 HoneywellのC300コントローラーのさまざまなシナリオ(例えばプライマリ障害、スイッチオーバー、ケーブルや電源装置の障害など)に対して、作業員をトレーニングし、そのスキルをテストすることが出来るのです。

Honeywell社のIIoTビジョンであるConnected Plantのプログラムディレクター、Youssef Mestari氏は次のように述べています。「労働力の高齢化という社会の大きな流れは、産業企業とそのトレーニングプログラムにとって強い圧力となっています。Immersive Competencyのような現代的な方法によって、より創造的かつ効果的なトレーニングが提供され、労働者を強化することで、工場のパフォーマンス、稼働時間、信頼性、安全性を直接向上させることが必要とされています。

Honeywellのソリューションは、仮想環境を介して特定の作業の流れをシミュレートすることが出来るため、自然な方法で同僚やトレーナーとのやりとりやコミュニケーションを体験することが出来ます。フライトシミュレータと同じように、 研修生は、自分の判断による行動の結果を、安全に経験できるのです。 この方法は、従来のトレーニング方法と比較してスキル保有率を100%向上させ、技術トレーニングの時間を最大150%短縮します。 さらに、従業員のトレーニング進捗状況は、正式なコンピーテンシー管理システムに記録され追跡が可能です。

MicrosoftのMixed RealityのゼネラルマネジャーであるLorraine Bardeen氏は次のように述べています。

「Windows Mixed Realityプラットフォームを産業界の人材育成とコンピーテンシー開発に組み合わせるというHoneywellのユニークなアプローチは、産業界の主要企業が、積極的かつ創造的にデジタルトランスフォーメーションを推進している良いモデルとなります。トレーニングの結果を測定することが出来るため、労働者の能力をプラントの性能に直結させることが出来る初のソリューションなのです。」

Honeywellのコネクテッドプラントは、単なるデータに洞察を加えて、プラントやビジネスの効果的な経営に生かすことが可能です。Honeywellは、パフォーマンスを最大化させるために生産プロセスと資産、人材、企業を結びつけるという、この分野における高度な専門知識と分析力によってこのような機能を提供しています。Honeywellの幅広いサイバーセキュリティソリューションは、外部の脅威からデータを確実に保護します。

Honeywell Connected Plant Skills Insight Immersive Competencyの詳細については、https://hwll.co/SkillsInsightPRをご覧ください。
Honeywell Connected Plantについては、http://www.honeywellprocess.com/iiotを参照してください。

Honeywell Process Solutions(http://www.honeywellprocess.com)は、石油、ガス、精製、エネルギー、パルプ・紙、産業発電、化学薬品および石油化学製品、バイオ燃料、ライフサイエンス、金属、鉱物、鉱業などの産業における自動化制御、計装およびサービスのパイオニアであり、同社のIIoTソリューションであるHoneywell Connected Plantを通じて、製造業者の価値創造と競争優位性を支援するソフトウェアソリューションとデバイスを提供するリーディング企業です。 Process Solutionsは、ハネウェルのPerformance Materials and Technologies戦略ビジネスグループの一部です。このグループには、石油精製、石油化学、ガス処理業界における石油精製技術、触媒、吸着剤、設備、コンサルティングサービスの世界的なサプライヤーおよびライセンサでもあるHoneywell UOP(http://www.uop.com)も含まれています。

Honeywell(http://www.honeywell.com)はFortune 100に含まれるトップソフトウェア企業で、航空宇宙および自動車製品およびサービス、ビル、家、産業の制御技術、などに業界固有のソリューションや機能的な材料を世界中に提供しています。同社の技術は、航空機、車、家屋、建物、製造工場、サプライチェーン、労働者などあらゆるものを接続可能にし、私達の世界をより賢く、より安全で、より持続可能な世界にする事に貢献しています。Honeywellの詳細とその他の情報については、http://www.honeywell.com/newsroomをご覧ください。

原文はこちら: Honeywell Introduces AR/VR Simulator To Train The Industrial Workforce And Help Close Skills Gap

【IoTレポート】産業用インターネット(IIoT)とコネクティッドマニュファクチャリング:主要なIIoT技術、アプリケー... 世界のIoTに関するレポート公開中