【動画】ABBとHewlett Packard Enterprise- データセンターIoTによる持続可能性

最大の産業オートメーションソリューションプロバイダーであるABBがHPEと提携して、IoTの素質を活用し、効率性を高め、投資する事に全てをかける事に終止符を打ちます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

ABBは年商35億ドルの企業で、たくさんの国で展開しています。ABBは主に電力関連、重電、重工業を中心としており、最近では自動制御に力をいれています。

顧客には長年の歴史、ノウハウを活かして様々な事を提供しています。そして自動制御システムの導入を8年前から検討して、実践の段階となりました。

たくさんのソリューションが市場には提供され、それらのソリューションは効果的で効率性の高いものがあります。

人々自身も、人々の生活もデジタル化しました。

データセンター(サービス)の需要はより増えて、規模の拡大やコンピューターのストレージの拡大も同時に必要となってきます。

そして、規模の拡大により、たくさんの動力が必要となりました。
環境面でも、商業面でも高くつく事はどうしても避けたい事でした。
今、無限に広がり、繋がる事が「システム」として可能になりました。

HPEはモノのインターネット(IoT)やモノと機器を接続する事に関してビジョンを非常に明確にしています。そして、企業にとっての利益が何かを考える事が出来ます。それによって新しい良い機会を顧客に与えることが出来ます。

データセンターで働く人にとって、新しいインサイトを与え、メンテナンスの方法、効率性の向上やエネルギー消費の把握を行うことが出来ます。

ABBは、IoTを行う上で非常に特殊なソリューションを取り入れています。

ABB Abilityは全ての要素を含んだ事を行っており、システム化されています。

HPEが提供しているのも、たくさんの良い要素が詰まっています。HPEの技術をABBが取り入れる事で、25%ものハードウェアの設置面積を削減する事が出来ました。その分コンパクトに収まるのです。

未来は、全てのモノがIoTとして接続されるでしょう。そして、新しいプラットフォームのサービスがつくられるでしょう。

エネルギーと技術(テクノロジー)を深く結びつけることで、より豊かな生活になるでしょう。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

北米の近接センサー市場、2018年までに12億3000万ドルに達する見込み。その市場動向と分析 世界のIoTに関するレポート公開中