【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|2月15日木曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。木曜日は話題な「解説記事」です。

優れたスマートシティプロジェクトとは

スマートシティは、インフラ、教育、警察機構なども包括し、私たちの生活を便利にする未来の姿です。ここでは、現状で成果を挙げているスマートシティを紹介します。

先ずロンドンの”デジタルカタパルト”プロジェクトから見てみましょう。これは国内のデジタル産業を盛んにする為のものです。時々刻々と変化するデジタル環境に事業者が速やかに対応できるように支援しています。
次に紹介するのは、Sidewalk Labs linkNYCです。これはもともとGoogleが始めたスタートアップです。これにより、政府が都市管理にもっと大きな影響を与えることを可能にします。次に紹介するのは、Green City Solutions社によるCityTreeプロジェクトです。今よりもっと簡単で効率的に空気清浄が行える仕組みを開発し、汚染地帯の周辺に250本の木を植えることで、空気汚染による人体への影響をなくそうと取り組んでいます。
都会の駐車場不足を解消する為に、TensaはSmart Parkingプロジェクトに取り組んでいます。全ての駐車スペースにセンサーを埋め込むことで、その場所に車が止まったらセンサーからメインベースに信号が送られます。

話題の元記事はこちら: What are the best smart city projects

IoTを保証するための政府の役割

来週、AEIはキャピタルヒルで消費者保護とIoTに関するイベントを開催します。Edward Markey議員とTed Lieu議員も参加します。彼らは消費者がどのIoTデバイスがサイバーセキュリティ及びデータセキュリティの基準・ガイドライン・メソッド・プロセスなどを満たしているかを特定できる”サイバーシールド”マークを法案化するドラフトを作成しました。
消費者はデバイスを購入する際に、それがどれくらいサイバーアタックに対して堅牢かなどは考慮しないものですが、サイバーシールドのステッカーを貼ることで、それが商務省の管理する基準を満たしていると言うことが、一目瞭然となります。
現状多くの企業は、政府ガイドラインを持たないスマートホームプラットフォームを使っていますが、Open Connectivity Foundationなどはスタンダードを設定することに取り組んでいます。
どのデバイスが、より安全かが分かるようになれば、消費者はデバイスの購入に当たって、もっと正しい判断が下せるようになります。

話題の元記事はこちら: What is government’s role in securing the Internet of Things?

IoTデバイスに囲まれた家に住むとは?

GizmodoのKashmir HillとSurya Mattuが実際に家中をIoTデバイスだらけにして生活してみました。この試みには、カメラが家中の様子を撮影したり、コーヒーメーカーが音声指示に従うのを拒否したりと言ったユーモラスなどたばたもありましたが、一番の懸念は、家人が家にいない間でさえ、途切れることなくデバイスがデータを送り続けていることでした。

韓国が世界中からうらやましがられていることの一つが、最速のインターネット平均スピードです。ソウル市内の地下鉄で1.2GbpsのパブリックWiFiへのアクセスが可能になると発表されました。モバイルホットスポットテクノロジーによって、高速で運行している地下鉄内でも高速WiFiへの接続が可能になります。

South China Morning Post紙によれば、中国政府は、無人自動車の一般道での走行テストに関する技術規格及び業界のガイドラインのドラフトに取り組んでいると言うことです。

Mozillaが自社のオープンソース・ゲートウェイを開設しました。これにより、Raspberry Piの利用者が自分のゲートウェイを構築するのがより便利になります。

話題の元記事はこちら: What is it actually like to live in a house filled with IoT devices?

エッジコンピューティングとは何か - IoTとADCに与える重要性

エッジコンピューティングとは、ネットワークの中心から離れたところでデータプロセスを行うと言うことで、ファイヤーウォールなどがその例です。クラウドと共に、エッジコンピューティングは急成長を遂げており、多くの企業がエッジコンピュータ向けの商品を開発しています。
エッジコンピューターにより、ネットワークの中心から離れたところで、IoTから発信される膨大な量のデータをソート、解析することが可能です。
負荷分散装置機能の高度化は、アプリケーション・デリバリー・コントローラー(ADC)の多彩な機能の一つです。ネットワークのエッジにあることで、常に負荷分散、保安、加速などを行っています。edgeNEXUSは従来型のADC機能やセキュリティだけでなく、デバイスに直接装着されたアプリを介して、更に高度なデータ集約、ルーティング、機能性アクセラレーションなどを可能にします。

話題の元記事はこちら: What is Edge Computing and why is it important for IoT and ADC’s?

CPChainとは何か? - 次世代ブロックチェーンIoT

CPChainとは、次世代IoTを指し、次世代IoTの為のかつて存在しなかった分散型インフラです。
CPChain=ブロックチェーン+IoT+分散暗号化ストレージ及びコンピューティング、です。
$CPCトークンERC20は30MM米ドルのキャップが設けられているので、価格の上昇が期待され、よい投資対象となります。
CPChainは、IoTシステムの為の分散ストレージ、暗号化、ブロックチェーン・テクノロジーを備えた、ファンダメンタル・データプラットフォームの構築を目指しています。
CPChainのソリューションは、デバイスの接続性コストを軽減し、データプライバシーを保護し、IoTデータの価値の最大化を図ります。

話題の元記事はこちら: What is CPChain? Next-Gen Blockchain IoT Overview – BIG Potential

産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか? 世界のIoTに関するレポート公開中