【動画】IoTデバイスのネットワーク侵入検知

ルネサスエレクトロニクスとIcon Labsは提携して、IoTデバイス用の統合セキュリティソリューションを提供し、OEMが迅速かつ容易に安全性の高いIoTデバイスを構築できるよう支援しています。このビデオでは、 IoTデバイスやネットワークに対する新たな脅威、およびこれらの脅威から保護するためのネットワーク侵入検知について説明しています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

何千もの機器がハッカーによって攻撃されています。あなたは自分の機器が攻撃される可能性がある事を知っていますか?

Alan Grau氏はIcon Labsの社長で、Icon LabsはIoTデバイスの為にセキュリティソリューションを提供するソフトウェア会社です。

Icon LabsはRenesasと提携して統合されたセキュリティソリューションを作り、あなたの危機にセキュリティを組み込むのに役立ちます。

このビデオでは、侵入検知がどのようにあなたが使用している機器が攻撃されているかを知らせているかについて、説明します。

サイバー攻撃からIoTデバイスを守る為には、まず攻撃をされているのを検知する必要があります。その為にIntrusin Detectionがあるのです。

まず最初に、一番有名なサイバー攻撃は、「med jack(医療ジャック)」と言います。攻撃された4つの病院の状態を見てみると、ハッカーは病院内のネットワークにアクセスし、医療機器のデータを脅かす事をしていました。その結果、患者の情報などが取られてしまいました。

医療記録情報はブラックマーケットで売られることで、クレジットカードの情報を売られるよりも40倍も高く売れることが分かっています。

もう一つの有名な攻撃として、Blackenergyがあります。これは、自動化産業などがターゲットになります。

これは、IoTデバイス自体にもウイルスを感染させる事ができ、自動化されている産業の工場などでは、だれもネットワークを運営管理していない為、簡単にハッキングされてしまうのです。通常の50〜100倍ものネットワークのやり取りが行われているので、普通にネットワークを監視する人がいれば、このような事は起こらないでしょう。

さらに、飛行機での攻撃もありえます。
ハッカーはWi-Fiネットワークを使い制御システムに入り込み、最悪飛行機のフライトコースや高度の変更が出来たりします。

このような事例は、デバイス本体が攻撃を受けていることを知る能力がない為起こってしまいます。

Intrusion Detectionは組み込まれた機器のファイアーウォールから全てが始まります。
ファイアーウォールは、準拠されたフィルタリング、パケット検査、閾値フィルタリングなどを行います。

例えば、飛行機の事例で見てみると、新しいIPアドレスを検出した時、そのIPアドレスをブロック、レポートする事が出来ます。

ソリューションがあることで、新しいIPアドレスや何か不可解なことが起きた時に、新しいアクションを起こすことが出来ます。

ただブロックするだけでは攻撃があった事すらも知れないので、攻撃があった際にレポート(報告)する事で次に活かす事が出来ます。

IoTデバイスにとって安全性(セキュリティ)は必要不可欠なものです。IoTデバイスは絶え間なく攻撃し続けています。

Icon LabsとRenesasの提携して作ったソリューションは簡単に脅威から守ることが出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
IIoTとスマート・マシンの統合が物理的資産と仮想コントロールの関係を変える 世界のIoTに関するレポート公開中