【動画】VMware Pulse IoTセンター

【動画】VMware Pulse IoTセンター

VMware Pulse IoT Centerは、情報技術(IT)および運用技術(OT)の両方の組織がIoTを管理、監視、保護するのに役立つIoTソリューションを提供します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

モノのインターネットは企業がビジネスをより良くするために数百万の接続された機器によってデータを生成します。ビジネスを向上させるためには、機敏性、効率性、顧客満足度を高める必要があります。

ただ、企業がIoTを導入するにつれて、企業は管理、安全性、規模について考える必要がありました。機械を運営しているOTと、機械を全て管理しなければならないITとの間にギャップが生まれてしまいます。

VMwareのソリューションはITとOTを切断する必要がありません。

VMware Pulse IoTセンターは、企業向けIoTデバイス管理、監視ソリューションでOTとITの搭載、IoTの管理、監視、保護が行うことができます。

これらの事は全てLIOTAから始まります。LIOTAはオープンソースのSDKで、接続される機器とゲートウェイの間に存在しています。

そして、VMware pulse IoT センターコンソールに情報を送信しています。管理されているセンサーに関する遠隔測定方法を収集し、OTAソフトウェアとセキュリティアップデートを配信します。

Pulse IoT センターは単一の窓ガラスのようなシステムになっており、ITとOTを一括に管理する事が出来ます。
OTはステータスと接続されている機器の把握を行い、ITはソフトウェアの管理を行います。

Pulse IoTセンターは、韻律学を使い機器の状態が悪くなった時に警告を出すことをリアルタムでします。

Over-the-airセキュリティは無人デバイスの管理もリモートで行えます。

VMware pulse IoTセンターはあなたの企業のデジタル化を手助けします。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
自動車産業とともに成長する、ヨーロッパの8ビットマイクロコントローラ市場 世界のIoTに関するレポート公開中