【動画】Echelon IzoT プラットフォームによる産業用IoTデバイスの作成と制御

Echelon社の製品マネージャーのRich Blomeseth氏は、IIoT市場の一例として、産業用インターネットのマルチプロトコル、およびマルチメディアIzoTプラットフォームの紹介をしています。このデモでは、Echelon IzoTルーターやIzoTツールを使用してデバイス同士での通信を行い制御、監視をする方法を説明しています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Echelonのプラットフォームツールを使用して、互いに通信するデバイスを簡単に作成する方法について説明します。

デモンストレーションでは、3つのメーカーのデバイスを使います。

真ん中にあるのは、Echelonのソフトウェア開発キットを使っています。これは、簡単な照明装置になっており、キーパッドのボタンを押す事で、照明の明るさや色を調節する事が出来ます。この照明装置は、EchelonのIzoTルーターに接続されています。ルーターはイーサネットやWi-Fiを通してトポロジーペアネットワークに繋がっています。

トポロジーペアネットワークは、パネルに繋がっているのでそこで管理する事が出来ます。

制御装置は、IzoTプラットフォームを使用しており、Echelonの6050トランシーバーが搭載されています。

SCI60のスマートコントローラーには、温度センサーが搭載されています。温度センサーは、室内の温度を調節したり室内の温度を表示する事が出来ます。

IzoTプラットフォームの大きな要素として、デバイスはデバイス自身をインストールする事ができるので、他のデバイスを発見してデバイス間でのコミュニティを作成する事が出来ます。

大きなネットワーク規模には、コミュニティを作る上でのツールが必要です。ツールでは、デバイスの状態が表示されているので、どのデバイス同士が繋がっているのかが分かります。

デバイス間でデータを共有する事も可能です。

IzoT commissioning toolを使えば、デバイスの管理をする事が簡単に出来ます。InetSupervisorではパネル上に全ての情報が表示され、ステータスが見れます。また、デバイスの管理も行うことが出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
自動車産業とともに成長する、ヨーロッパの8ビットマイクロコントローラ市場 世界のIoTに関するレポート公開中