【IoT用語集】PaaSとは?

from http://www.thecloudinfographic.com/2012/03/02/saas-paas-and-iaas-what-are-they.html

はじめに

この技術は、2007年7月からSaaSの技術をベースに進化したICT技術の一つです。このサービスプラットフォームは、開発者がインターネット上でアプリやサービスを構築できるようにするプラットフォームと環境を提供するクラウドシステム管理がされ、ユーザーはWebブラウザ経由で簡単にアクセスできます。

ソフトウェア開発者、Web開発者、企業は、すべてサービスプラットフォームの恩恵を受けることがでます。

利点

この技術の主な利点は、ユーザーにとってのシンプルさと利便性になります。プロバイダーは、基盤構造やその他のITサービスの多くを提供することが可能となり、ユーザーはWebブラウザ経由でどこにでもアクセスできるためプロバイダーはそのアクセスを1回の使用で課金する事ができます。

これは従来のオンプレミスのハードウェアやソフトウェアで必要だった資本的な費用を排除するため多くの企業が好むモデルとなります。

いくつかのプロバイダーは、そのサービスにアクセスするためのフラットな月額料金とそのサービスをホストするアプリを請求する事が可能です。

利用方法

  • ソフトウェア開発者は、サービスプラットフォームソリューションを利用してインターネットやソフトウェアを介して提供する予定のアプリを構築し、すぐに完売することができます。
  • Web開発者は、プロセスのあらゆる段階で個々のサービスプラットフォーム環境を使用して、Webサイトの開発、テスト、およびホスティングを行うことができます。
  • ソフトウェア開発者は別個のリングフェンスの開発環境とテスト環境を作成することにより、独自のソフトウェアを開発することができます。

環境

PaaSシステム環境では、クラウドシステムがサポートする1つまたは、複数の実行環境を使用してアプリを開発、展開、管理、実行することができます。

1つの方法としては、アプリ・サーバー、データベース管理システム、ビジネス分析サービス、モバイル・バックエンド・サービス、統合ブローカー、ビジネス・プロセス管理システム、ルール・エンジンおよび複合アプリ・基盤構造(ミドルウェア)のクラウドシステム・サービス・レンダリングを表します。

PaaSシステムの本質は、クラウドサービスプロバイダーがアプリ基盤構造のインストール、設定、操作を担当し、アプリコード自体のみをクラウドシステムの顧客に委ねることができます。

また、PaaSシステムは、アプリ開発者に利用可能な方法で特定の機能を提供する多様なサービスやAPIを提供することでミドルウェアのプラットフォーム機能を拡張し、開発者の生産性を向上させることができます。

PaaSシステムはまた、アプリ開発者がアプリに特別なコードを追加しなくてもアプリがクラウドシステムのネイティブな特性を利用できることにより、特別なスキルを必要とせずにアプリを構築するルートが提供されます。

PaaSシステムは、ビルド、テスト、展開、管理、および更新といったWebアプリのライフサイクル全体をサポートするように設計されています。PaaSシステムでは、基礎となるアプリ基盤構造、ミドルウェア、開発ツールなどのリソースの購入と管理の費用と複雑さを回避できます。開発するアプリとサービスを管理し、サービスプロバイダーは他のすべてを管理しています。

サービスとしてのPaaSシステムには、オペレーティングシステム、ビジネス分析などのIaaS要素が含まれており、SaaSにはPaaSシステム要素とホストされたアプリが含まれています。基盤構造をサービスとして提供することによりPaaSシステムはIaaSシステムと同じ利点を提供が可能です。

しかし、ミドルウェア、開発ツール、およびその他のビジネスツールの追加機能により、より多くの利点が得られます。

コーディング時間を短縮するPaaSシステム開発ツールは、検索など必要な基本機能をプラットフォームに組み込まれた環境を利用する事により新しいアプリをコード化するのにかかる時間を短縮することができます。

スタッフを追加することなく開発機能を追加できるプラットフォームサービスコンポーネントは、必要なスキルを持つスタッフを追加する必要なく、開発チームに新しい機能を提供可能です。モバイルを含む複数のプラットフォーム向けに開発しやすくなるように多くのサービスプロバイダーは、複数のプラットフォームの開発オプションを提供し、クロスプラットフォームアプリの開発を迅速かつ容易にすることができます。

地理的に分散した開発チームをサポートするために開発環境はインターネットを利用してチームメンバーが遠隔地にいてもプロジェクトに協力することができます。アプリライフサイクルを効率的に管理できるPaaSシステムは、同じ統合環境内でのビルド、テスト、配備、管理、および更新といった、完全なWebアプリのライフサイクルをサポートするために必要なすべての機能を提供します。

コンセプト

  • 機能の選択
    顧客は、必要な機能を選択して他の機能を破棄することができます。したがって、彼らはニーズに合ったサービスを選ぶことができます。
  • 管理とサポート
    基盤構造とアプリは顧客向けに管理され、サポートは利用可能です。
  • 自動アップグレード
    サービスは、常に更新され既存の機能もアップグレードされるので追加された機能が追加されます。
  • 柔軟性
    顧客は、プラットフォーム内にインストールされたツールを制御し、特定の要件に適合するプラットフォームを作成することができます。
  • 適合性
    機能を変更すると必要に応じてさまざまな場所のチームが協力し合うためにインターネットを使用すると複数の場所にまたがる開発者は、同じアプリビルドで一緒に作業することができます。
  • セキュリティ
    データセキュリティとバックアップと回復を含むセキュリティが提供されます。

まとめ

PaaSシステムの市場は、820億円となり将来には2602億円まで成長するとみられています。PaaSシステムは、ビジネスのITインフラ全体を置き換えるものではありません。代わりにビジネスは、アプリホスティングやJava開発などの主要サービスにPaaSプロバイダーは依存しています。

PaaSプロバイダーは、ユーザーがアプリとデータセットをインストールできる復元力と最適化環境を構築し提供しています。ユーザーは、基盤となる基盤構造とサービスを構築して維持するのではなく、アプリの作成と実行に集中できます。

多くのPaaSシステム製品は、ソフトウェア開発を目的としています。これらのプラットフォームは、開発者が新しいソフトウェアをより迅速かつ効率的に作成できるようにする、コンピューティングおよびストレージの基盤構造、テキスト編集、バージョン管理、コンパイルおよびテストサービスを提供します。

PaaSシステム製品はまた、物理的な場所に関係なく開発チームが協力して共同作業を行うことを可能にしています。

IIoTとスマート・マシンの統合が物理的資産と仮想コントロールの関係を変える 世界のIoTに関するレポート公開中