【IoT用語集】ITSとは?

はじめに

ITS(Intelligent Transportation System)とは、高度道路交通システムのことで道路管理・管制・高速道路料金システム・各車両のナビゲーションシステムなどを要素として交通渋滞・道路管理・排気ガスの削減・交通弱者の保護などの課題をコントロールするシステムのことです。

道路交通だけでなく、総合的な物流・モビリティを視野に入れて航空管制・海洋交通システムとも相互に連携するものとされています。

世界各国とも上記のような課題を共通に持っているため政府主導でITSの開発を行っています。日本でも国土交通省が主導して、日本ITS網をより安全で快適な交通システムの構築のために拡充しようとしているところです。

すでに開発され実用化されているITSを構成するシステムとしては、カーナビゲーションシステムや道路交通情報提供サービス、有料道路の料金収受システムETC、バス停での待ち時間が分かるバスロケーションシステムなどがあり、全国に普及しています。

国土交通省ITSプロジェクト

国家プロジェクトとして国土交通省は、ITSの推進を行っています。実際の研究開発は官民共同で行われ、上記の実用化されたサービスに見るように成果として展開されているものも多くあります。

プロジェクト概要

ファーストステージ(1996~2005)
ITSプロジェクトのファーストステージは、1996年7月、ITS国際会議(横浜)の後まとめられた「ITS推進に関する全体構想」に基づき、各システムの実用化の促進を行いました。

このころには、まだ道路渋滞・高齢者のモビリティの確保といった当面の社会的課題の克服に注力が行われていました。研究開発活動も課題に直接効果のある研究開発が優先して行われていました。ファーストステージで研究開発が行われた9分野と構成要素であるシステムをあげると次の通りです。

  • ナビゲーションシステムの高度化(オンデマンド)VICSなど
  • 自動料金収受システム ETCシステム,ETC関連デバイスなど
  • 安全運転の支援 DSSS(ビーコンやICカードを使った安全運転支援システ
     ム)、ASV(先進安全自動車)など
  • 交通管理の最適化 UTMS(警察版ITS)、駐車場案内システムなど
  • 道路管理の効率化
  • 公共交通の支援(公共交通利用情報の提供、公共交通の運行・運行管理支援)公共車
     両優先システム、TDM(交通需要マネジメント)、パークアンドライドなど
  • 商用車の効率化(商用車の運行管理支援、商用車の連続運転)ロケーション管理シス
     テムなど
  • 歩行者等の支援
  • 緊急車両の運行支援

セカンドステージ(2006年~2013年)
ファーストステージで得られた成果・課題をもとに「世界一安全な交通網」を目指して、「ITS推進の指針」が取りまとめられました。おりしも、IT国家戦略構想の長期計画策定時期にあり、ITSはその中核的国家事業として位置づけられました。

ITSセカンドステージを支える3つの柱として
① 安心・安全
② 環境・効率
③ 快適・利便
の各要素があげられます。

特に①③の柱においては、DSSS,ITSスポット情報サービスなどの交通向けITインフラの研究開発が引き続き促進・強化され、国家戦略であるIT分野の研究開発との結びつきが強く意識されています。

また、社会還元促進も目標として掲げられ、シーズ開発より効率的な官民研究が多くおこなわれるようになったのもこの時期です。

次世代ITS(2013年~)
「持続可能なモビリティ社会の実現」に向けた取り組みとして各サービスを統合した通信インフラ構想、EV・自動運転車両など、先端の自動車技術と日本の国際競争力の強化を急ぐなど、より戦略的・先進的な取り組みが行われるようになっています。

2018年には交通事故死者2500人を達成すること、2020年には自動運転車両実走行などの目標も政府により具体的に掲げられています。

各国の取り組み・国際協力

ITS国際会議は1994年のパリ以来毎年継続して行われており、日本でも横浜(1996年)、名古屋(2004)、東京(2013)で開催されました。各国の課題は国の発展段階ごとにおおむね共通のものということができますが、近年ではODAの分野・国際入札等において東南アジア諸国に日本のITS技術の供与・輸出が多くおこなわれるようになっています。

東南アジア諸国の共通の悩みとして、激しい道路渋滞と大気汚染・鉄道網の未整備・空港港湾施設の近代化といった問題があります。

また、初期投資を抑えることが強く意識されすぎると拡張性のないITSを輸出してしまうことから初期の効果をあげるためには、資金の手当ても必要なプロジェクトが多く存在し同地域の課題となっています。

日本のJICAプロジェクトでは、円借款等の資金の手当てを並行して行いながらホーチミン発高速道路のETCやインド新幹線、ハノイノイバイ空港等の大型交通プロジェクトを手掛け、日本のITSを国際協力に役立てています。

まとめ

より安全で快適な交通のために通信・センサー、情報提供システムなど多くのIT関連技術が必要とされており、政府の次世代ITS構想でもIT技術が「隙間なく」交通をコントロールする未来が構想されています。

電動自動車や道路管制システムなどでは国際競争力のある日本ですが、それでもなお多くの課題があります。東京オリンピックの渋滞対策なども注目されており、ITSの進展からはしばらく目が離せないようです。

通信業が活躍するスマートシティ。高速固定ブロードバンドインフラ、高度なモバイル技術、IoT、M2M通信などスマートシティ... 世界のIoTに関するレポート公開中