IoTのアイデンティティーと管理: 215億ドルの機会

IoTプラットフォームサービスとセキュリティ、暗号化、デジタル証明書管理、データ交換サービスは、2022年にIoTのアイデンティティとマネジメントの収益を215億米ドルに推進しています。
ABI Researchは、最も説得力のある変革技術に関する戦略的ガイダンスを提供する市場予測諮問会社です。 IDoT(アイデンティティ・オブ・シングス)のサービスは今後5年間で大幅に成長すると予想されており、売上の大半は主に工業、製造、および自動車業界の垂直市場に支えられています。
ABI Researchの業界アナリスト、Dimitrios Pavlakis氏は次のように述べています。

「よりスマートなゲートウェイ、クラウドサービス、アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)に焦点を当てたソリューションを通じて、アイデンティティと管理サービスが着実に拡大しています。特定の業種はセキュリティ面でまだ遅れていますが、IoTベンダーは最終的に暗号化とデバイス証明書管理にもっと投資し始めています。アフターマーケットのテレマティクス、フリート管理、OEMテレマティクス、計量、住宅セキュリティ、オートメーションは、世界の総収入の60%以上を吸収する最も重要な業種です。」
「これにより、IAM 2.0(アイデンティティ・アクセス管理)の実現に一歩近づいていきます」

とPavlakisは続けます。

「デバイスID、システムID、およびユーザーIDが過度に接続されたIoTパラダイムの下でマージされ、IDoTが今後どのように認識されるかを効果的に変える変革期に入っています。 OCF(オープンコネクティビティ財団)、OneM2m、DeviceHiveなどのオープンIoT標準とフレームワークは、より多くの相互接続された安全なエコシステムの摩擦を減らすためにOS / RTOS /ベンダーに依存しないソリューションを作成しようとしています。」

いくつかのベンダーは幅広いIoTソリューションを提供することを選択していますが、その大部分はIDoTの特長、すなわち企業と産業(マイクロソフトアズールなど)、接続された農業(Bosch)、高度な分析と機械学習SAP)、暗号とデバイス管理(例えば、ラムバス)、エネルギーと製造(GE Predixなど) IoTデバイスを保護するための最近のPKI(公開鍵インフラストラクチャ)の成功事例を考えると、この専門化の傾向は、スマートシティ、輸送とヘルスケア(DigiCertなど)、クラウドサービスプロバイダ(GlobalSign )、銀行と金融(例えば、IdenTrust)、企業と消費者(例えば、Comodo)が含まれます。
これらの調査結果は、ABIリサーチの「アイデンティティ・マネジメント・サービス」報告書のものです。このレポートは、研究、データ、アナリストの洞察を含む、同社のM2M、IoT&IoEリサーチサービスの一部です。

ABIリサーチについて

ABIリサーチでは、労働力を改革し、市場の穴を特定し、新しいビジネスモデルを創出し、新たな収益源を創出する、最も魅力的な変革技術に関する市場先見性を必要とするビジョンを提供します。 ABI自身の研究ビジョン担当者は、これらの技術の早い段階を踏み出し、他のテクノロジーアドバイザリー企業よりもしばしば数年前に画期的な研究を発表しています。 ABIアナリストは、適切な状況を確実にするために、簡単かつ迅速にフォーマットを吸収して、結論と推奨事項を提供します。 当社のアナリストは、ビジョンを戦略的に導き、より大きなイメージを実現するためにビジネスを刺激します。 ABIリサーチの予測、コンサルティング、ティアダウンサービスの詳細については、米国の+1.516.624.2500、ヨーロッパの+44.203.326.0140、アジア太平洋地域の+65.6592.0290、またはhttp://www.abiresearch.comをご覧ください。

連絡先情報:
グローバル
Deborah Petrara Christopher Leary
電話: +1.516.624.2558
電話: +1.516.624.2544
pr@abiresearch.com

原文はこちら: Identity and Management of Things in the IoT a US$21.5 Billion Opportunity

2222年までは世界のIoT分析市場が33.39%のCAGRで成長。その成長を担う企業と市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中