【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ| 2月8日木曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。木曜日は話題な「解説記事」です。

インダストリアルIoTIIoT)とは何か?そしてその高い可能性とリスク

今では、誰でもIoTという言葉を聞いたことがありますが、実際のところIIoTがビジネス、安全対策や人々の生活にもっと大きなインパクトを与えているのです。
システム障害やダウンタイムが命の危機やその他の重大な弊害を起こしかねないので、IIoTの開発はよりリスクが高いものです。また、一般消費財よりも産業機器はそのライフサイクルが長いので、それに対応したシステムの開発・維持も必要です。
インダストリアルIoTコンソーシアムはIIoTの用途として、

  1. スマートファクトリー
  2. リモートメンテナンス
  3. 輸送管理
  4. エネルギー消費

これらの最適化などを掲げています。

IIoTはまた、深刻なセキュリティ課題を抱えています。このリスクを軽減するために、管理者のみならず利用者サイドからのセキュリティ機能のアップデートなどが求められます。

この他にIT関係者が懸念しているのが、

  1. 規格化の遅れ
  2. 旧式モデルといかに統合を図るか
  3. コスト
  4. 適切な人材確保

です。

話題の元記事はこちら: What is the Industrial IoT? And why the stakes are so high

IoTが製品テストに意味するもの

消費者にとって、新しい電化製品が優れた機能を持つと共に安全であると確信できるのはとても重要なことです。
これを保障するために、製品テストに新しい視点が必要になります。
利用者の使い勝手が、IoTの評価を決めます。例えば新しいIoT機器のスイッチを入れた瞬間からそれが完璧に機能していなければ、利用者からポジティブな評価を受けることは不可能です。2020年までにはIoTアプリ市場は204億デバイスに達するとの試算があり、これに対する支出は既に2兆ドルとなっています。
機器の不具合は実際に使い始めて初めてわかる場合もあるので、製品を市場に発表する前に、実際の利用環境で実際の利用者によるテストを行うことはとても重要です。製品テストの場は、ラボから実際の使用環境へと移行しています。
接続されたIoT搭載の電化製品の安全性が確固たるものになり、それを消費者が納得すれば、今まで以上に様々な産業がIoTを取り入れるでしょう。

話題の元記事はこちら: What the rise of IoT means for your testing practices

2018年、IoTに何が期待できるか

IoTは既に新参者の域を出て、この5年間でほとんど全ての産業分野でその効果を現し始めています。特に自動車産業と製造業でその影響は顕著です。
今年、IoTで何が起きるかを議論する際まず挙げられるのが、IoT、AI、マシーンラーニングにより、より頑強なセキュリティが実現するということです。
IoTの黎明期には、いかにデータを収集するかのみにフォーカスが当たっていましたが、それが実を結んだ現在では、いかにセキュリティの脅威を予測し対処するかに重点が移っています。
また、異なる製造者によって製造された機器間のインテグレーションも見られるようになってきました。
IoTにより収集されたデータの1%しか活用されていない現状では、誰にデータへのアクセスを許可し、どのようにデータを利用し、そしてそもそもデータの所有権は誰にあるのかを明確にする必要が出てきます。
自動車業界はIoTにより変革を遂げましたが、その波が今年は運輸業界に波及するとみられます。又、今年暮れまでに大手自動車会社自身がライドシェアリングサービスに乗り出すのではないかとみられています。

話題の元記事はこちら: What to expect from IoT in 2018 – AI, Technology, Data

IoTとクラウドがもたらすワイドエリアネットワークへの影響

1970年代からWANは課題の一つでしたが、IoTとクラウドの躍進がWANに変革をもたらしています。WANとクラウドのコラボにより、スケーラビリティが向上しました。また、クラウドベースのオプションが可能になったことで、新たなアプリが登場しています。
又IoTもWANに画期的な変化をもたらしています。しかし、IoTの特性のせいで多くの利点をもたらす一方で、更に頑強なセキュリティ対策や容量管理などが求められます。
このような変化に対応する為には、次世代ネットワークの採用が必要となります。

話題の元記事はこちら: What the IoT and the Cloud are Doing to WANs

インターネット・オブ・フード - なぜIoTが食品に必要なのか

DC Davis食品化学及び技術部のMatt Lange博士は、食品に関する情報化に取り組んでいます。
IoT4F-Dublin 2018において、博士がインターネット・オブ・フードの先進的アイディア、これに関するIC3-Foodの役割とIoTが食品システムをいかに変革するかを語ります。IoTが農業・食品分野にもたらす変化は膨大で、それは既に始まっています。
DairyMaster CEOのEdmond Harty教授は、企業家、創造者、技術と教育分野のリーダーとして知られています。教授は、既に食品分野でIoTが引き起こしている、センサー機能、データ、ロボット化などの事象に関して語ります。

話題の元記事はこちら: What is the Internet of Food and why do we need IoT for Food?

半導体ファクトリオートメーション業界の原動力に焦点を置き、今話題のツールやソフトウェアを分析 世界のIoTに関するレポート公開中