【動画】Microsoft&Emerson:産業用モノのインターネットとコネクテッドサービス

EmersonのMike Boudreaux氏とMicrosoftのRodney Clark氏は産業用モノのインターネット(IIoT)、クラウドストレージ、処理、分析についての説明をしています。コネクテッドサービスがメーカーの運用パフォーマンスをどのように向上させるかが分かります。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

デジタル変革が起こっている今、Microsoft Cloudはパートナーの危機的な状況を救っています。

これは、新しいビジネスモデルと機会をパートナーに与えることになります。
Emerson Process Managementは自動化テクノロジーを化学工場などの産業に提供しています。

パートナーは、最もよく知られているWindowsを使い、オペレーティング・システムとデバイスが安全に接続されます。

Asherはマイクロソフトの大規模のクラウドプラットフォームで企業のあらゆる種類のデバイスを接続する事が出来ます。

これら2つのソリューションはIoTを最大限に活用しています。

産業用モノのインターネットは全く新しいコンセプトで、情報やデータを機器から収集し、新しいタイプの革新的なセンサー技術を主にワイヤレスで活用し、その情報をWIndows 10 IoTゲートウェイに送信する事が出来ます。

サブスクリプションベースの機器はエネルギー管理に関する実績を残しています。

企業が取り扱っている機器の種類のほとんどは、精密機器で管理が大変なものばかりです。そして、そのような機器が故障してしまった場合、予期せぬ作業中止期間が起こってしまいます。その期間には何百万ドルものお金が生産されるはずだったのにもかかわらず利益がでません。

例えば、シンガポールの化学工場の顧客がいます。工場の機械が壊れてしまい7%の生産の低下があった場合、生産費の面からしても、環境面からしても重大な欠陥です。

予期せぬ作業中止期間は何百万ポンドの生産の損失に繋がります。

Microsoftは今まで解決出来なかった問題を新しい技術により解決する事が出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロフ... 世界のIoTに関するレポート公開中