【先週のSNSトレンド】話題の動画記事まとめ|2月7日水曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。水曜日は話題な「動画記事」です。

5G - インターネットの腫瘍と暴君

通信産業の国営化?コミュニケーションの統制?≪スマートシティ≫による人々のコントロール?
M.I.Cが5Gを国家機密に利用しようとしている背景を探ります。
一般教書演説で5Gを国家プロジェクトとして取り組むという発言がありました。このために必要な1兆ドルを企業からの拠出に頼ると言うものです。

話題の元記事はこちら: 5G IoT: Internet of Tumors & Tyranny

Azure IoTハブのAzure Event Gridとの統合 ― IoTショーから

Asita RastogiがOliverと共に、IoTショーで、Azure IoT HubとEvet Gridの統合のデモを紹介します。いかに簡単にIoTハブからビジネスアプリに統合することができるかを紹介します。Event Gridとはイベントルーターでディストリビューションネットワークのことです。この機能をIoT Hubと連携させると言うのは、全く新しい試みです。

話題の元記事はこちら: Azure IoT Hub Integration with Azure Event Grid

SORACOM ― Amazon Web Service上に構築されたIoTスケールのテレコムインフラ

「テレコムグレード」という言葉を聞きますが、これはハイエンドシステムのことを指し、最高度の信頼性と有用性があります。SORACOMはAWS上にテレコムグレードのプラットフォームを構築しました。これはクラウドネイティブのセルラー・コア・ネットワークです。
同社はネットワークコンポーネントをマクロサービスに細分化し、個々をAmazon DynamoDBにバックアップされたEC2インスタンスとして統合します。AWSの規模とスピードに支えられ、SORACOMは全世界で7,000を超える顧客にサービスを提供しています。
このビデオでは、同社のアーキテクチャとデザインチョイスを探ります。

話題の元記事はこちら: SORACOM: IOT Scale Telecom Infrastructure Built on Top of AWS

Smart Cone Technology CEO Jason Lee-IoTについて

同社は、Smart Coneを開発しました。これは、人々の命を守るデバイスで、展開可能なIoTベースのマルチセンサーです。セルラーネットワークからサテライトまでのコネクティビティも備えています。元々は戦時下での兵士の安全を確保するために開発されましたが、現在では建設現場などでの安全を確保する目的で使用されています。
このデバイスには、ハイパワーコンピューターとコントロール機能とセンサーが内蔵されています。360度をカバーするカメラとセンサーを備えており、このデバイスはデータを収集するとともに、インターネットにつながっていない状態でも解析を行うことが可能です。
アラームを発する機能も備えており、これ一台で職場の安全を守ることができます。
このデバイスは、IoTがこれほど普及する前に開発に着手されたのですが、IoTの進歩によりさらに機能を充実させることができました。

話題の元記事はこちら: IoT Voices with WIRED: CEO, Smart Cone Technologies

大富豪CEO、Thomas Siebel - ヘルスケアはAI最大の市場

C3 IoTのCEO、Tom SiebelがAIとIoTがこの国のインフラ、防衛、インテリジェンスおよびヘルスケア分野に恩恵をもたらす方法を語ります。
テクノロジーがインフラに与える影響
以前、政府がもっと積極的にIoTの環境整備に関わるべきだとの議論がなされましたが、現状スマートシティ構想、航空管制、防衛などの分野でAIとIoTの連動が行われています。
地方から連邦政府までがこの構想に関わっています。総額1.5兆円規模となっています。
C3 IoTも最近、アメリカ空軍と国土全体をカバーする契約を結んだばかりですが、これ程政府の本気度を示す例はないのではないでしょうか。

話題の元記事はこちら: Billionaire Tech CEO Thomas Siebel: Health-Care Will Unquestionably Be Largest Market For AI | CNBC

様々な産業で導入されるCNCコントローラ。ハードウェア、機械の種類、軸のタイプ、業界、地理別に2017年〜2023年のC... 世界のIoTに関するレポート公開中