【動画】世界初の動作可能なNB-IoTスマート電力メーター

HUAWEIは、様々な企業との提携により、初めてNB-IoTスマートメータを開発しました。EDPDistribuiçãoは、欧州委員会のHorizon 2020プログラムのUPGRIDプロジェクトの一環として、この技術を使用しています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

欧州委員会は、2014年に欧州4カ国のUPGRIDプログラムを承認しました。国は、スペインスウェーデンポーランド、そしてポルトガルです。

Huaweiの革新的なソリューションを使って、NOSはスマートグリッド用の世界初ナローバンドIoTを初めて提供しました。

新しい商業モデルを作り上げた標準化された技術は顧客満足度とEDPを高く向上させました。

読み取り値の精度の高さ、電源が切れた時の自動通知、ターゲット設定された高速メンテナンスなどの利点があります。

このNB-IoTプロジェクトは、世界への第一歩を踏み出し、将来的に電気自動車の台数が増えるにつれて、電力需要管理がますます重要になることが見込まれます。

通信業界は収益の圧迫を受けており、常に通信業界の人達は新しい収入の得方を考えています。
IoTは居住側からしても、ビジネス側からの側面でも、新しい収入の道だと考えられます。

EDP Distribucaoなどの企業では、常により良いパフォーマンス、質の高いサービスを考えています。SMARTGRIDプロジェクトにおいて今、まだ十分ではなけれども良い結果が得られています。

なので、より良い結果を得るために、NB-IoTの採用を考えているのです。

パートナーが関与し、パートナーの質が上がることで、どんな問題でも解決する事が出来ます。
Huaweiのポルトガル支部では、パートナーと一緒に、ラボテスト、実地試験を行いより広範囲に事業を拡大する予定でいます。

他の企業とパートナーシップを結ぶ事によって、無駄な費用と手間の削減が出来るのが他の企業と強力する良いところです。

リアルタイム接続で高速停電検出機能を持つことが出来ます。また、電力グリッド企業が消費電力に関するリアルタムの分析を行うのを支援する事も出来ます。

NB-IoTスマートメータはスマートシティを作る上で、信頼性、持続性を高めます。

SMART GRIDプロジェクトにおいての、鍵となる言葉は他の企業との「協力」です。

IoTと隣接する事業全体におけるHuaweiの技術確信が、非常に重要であると考えています。

今日のNB-IoTソリューションで、コミュニケーションはもう人と人では行われていません。機械と機械、機械同士で行われているのです。これは、人々の生活を大きく変えました。

このNB-Iotはただの始まりに過ぎません。将来的に、世界でより多くの成功事例を探求します。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
保険業界におけるブロックチェーンの影響。IoTとスマートコントラクトを組み合わせることで、新しい製品やサービスを提供する... 世界のIoTに関するレポート公開中