【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ| 2月6日火曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。火曜日は話題な「ハウツー記事」です。

重量級のセキュリティを軽量級のリソースに導入する方法

IoTデバイスのセキュリティはオープンソースツールが追加のハードウェア、ソフトウェア、ID管理インフラの補強を行うセキュリティ設計を必要とします。IoTソリューションデベロッパーは、ハッカーの新たな攻撃対象に対処している間にデバイスのインテグリティとデータ変換の開発を行わなければなりません。
この際に、IoTデバイス側でよく問題となるのが、スペース不足、メモリー不足、パワー消費量です。これらがテクノロジーをそのデバイスに適用する妨げとなります。
本セミナーでのスピーカーは、以下の方々です。

  • Grant Asplund,CENTRI Technology,副社長
  • William Adams,CENTRI Technology,上級取締役
  • Reed Henkel,Arm,上級部長

話題の元記事はこちら: How to Put Heavyweight IoT Security into a Lightweight Resource World

ボットネットからIoTデバイスを守る方法

デバイスセキュリティに関しては、正義の味方が表からハッカーの侵入を防ごうと躍起になっているのに、裏口は無防備と言ったら、驚くでしょう。
ここで述べているのは、IoT、CCTV、ウェブカムなどです。家電のスマート化は、この10年で進歩しました。しかし、利用者が忘れているのは、これら皆単なる家電ではなく、高速インターネットに接続したコンピューターで、おまけにハッカーから身を守るセキュリティ機能が全くないと言うことです。
PCやスマートフォンにはアンチウィルスなどの機能が搭載されていますが、ほとんどのスマート家電は設計上の制限でこれらの機能を持たない為、ハッカーの格好の標的となります。セキュリティカメラなどがその良い例です。
このような状況で可能な防御策は以下のようなものです。

  1. デバイスのアップデートに登録する
  2. デバイス名をネットで検索して脆弱性をチェックする
  3. セキュリティ設定を行う
  4. VPNなどを利用して出力の安全性を確保する

話題の元記事はこちら: How to Avoid Having Your IoT Devices Enslaved in a Botnet – IoT – Internet of Things

IoT搭載デバイスに監視及び解析システムを構築する方法

重要になるのは、

  1. デバイス及びデータを一極化したバックエンドに送信するゲートウェイコード
  2. データプロセスと保管を行うバックエンドとデータベース
  3. データを表示するフロントエンド

デバイス及びゲートウェイ・ログインツールは、小さなフットプリントで電気消費量が少なく、デバイスをクラッシュしないことが重要です。
バックエンドとデータベースに関しては、キーバリュー型データベース(ファイアーウォールなど)、タイムバリュー型データベース、サーバーなしのインフラ(Googleクラウド機能など)が推奨されます。
フロントエンドに関しても高額な投資を行う必要はありません。
サーバー無しのオプションを利用して、10,000台までに対応可能なシステムを構築することが出来ました。

話題の元記事はこちら: How to Build a Monitoring and Analytics System for Your IoT Embedded Devices

IoTプロダクトを市場に紹介する方法

2018年のIoTを語る際には、”多様化と混雑”が特徴となります。このような状況で、自社のIoTプロダクトを効果的に市場に紹介するにはどうすればよいのでしょうか?
どの様な分野のどの様な規模のIoTプロダクトであっても必要なのは

  • プロダクトのスコープと必要事項を知ること
  • 上記に沿ってシステム設計を行うこと
  • ハードウェア及びソフトウェア開発
  • 機能テスト、製品ユニットテスト、総合テストの実施
  • 機能するIoTソリューションとしてプロダクトをデプロイする

と言うことです。
成長を続けるIoT市場では、プロダクトがどこに分類されるかの正しい認識とプラットフォームを持つこととは、市場への参入をスムーズにし、コストとリスクを軽減します。
ARTIKクラウドサービスは、IoT開発にE2Eインテグレーションを提供します。
IDCの調査結果によれば、製造業の60%がIoTは戦術ではなく戦略であり、特定の問題解決の為と言うよりは、コスト軽減・生産性の向上を重視していると理解することは重要です。

話題の元記事はこちら: How to Launch Your IoT Product

社会的価値、調達及びスマートシティ・ビジョン

スマートシティの市場規模は2014年の3,865億ドルから2020年には1兆3,865億ドルへと増加することが予測されています。
スマートシティモデルは、公共交通、グリーンスペース、ごみ収集及び社会持続性などに焦点を当てます。例えば、ロンドンではスタートアップ企業のCityMopperと協働で公共交通機関の分野に取組、ブリストルはスマートエナジーシティ・コラボを行っています。
スマートシティ・インフラの導入により、戦略的に市全体を管理することがより持続的に可能になっています。地方自治体にとっては、スマート調達を実現させることが、スマートシティ成功の鍵となります。ONSの2016年調査では、パブリックセクターは、年間約2,680億ポンドを支出していますが、政府の調達システムへの戦略的アプローチが中小企業により良い機会を提供し、ひいては納税者への利益となります。調達分野での中小企業の割合を全体の3分の1まで上昇することが重要です。
データパフォーマンスコンサルタントとしては、スマートシティ・ビジョンはテクノロジー分野のみでなく、社会的価値の創造も重要な課題となります。

話題の元記事はこちら: Social value, procurement and a smart city vision

AI技術の活用が期待される医療業界。ヘルスケア市場における人工知能の分析と人工知能アプリケーションを紹介 世界のIoTに関するレポート公開中