【動画】Wipeout IoT – スマート鉱山ソリューション

Wipelot Smart Mine使用する事で安全に快適な鉱山業をする事が出来ます。RFIDトランスミッターを鉱夫や車両に取り付けることで、鉱夫の安全を守ることが出来ます。また、効率的に鉱山業を行えるように様々な機能が統合されています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Wipelot Smart Mineは鉱業においてRFIDベースのワイヤレス労働安全と追跡可能なソリューションです。

Wipelot Smart Mineはパーソナルタグ、センサー、読み取りリーダー、環境データの収集、リアルタイム車両追跡、リアルタイム警告&レポートが統合されています。

Wipelot RFIDトランスミッターデバイスは鉱夫のヘッドランプ、ベルト、またはIDカードに取り付けられます。

Wipelot Smart Mineが鉱夫の命を救う上で重要なキーは、RFIDがリアルタイムにその鉱山にいる鉱夫をカウントしている事です。鉱夫が鉱山に入った時、ソフトウェアが自動的に鉱夫のカウントを始めます。

Wipelotは深い鉱山のトンネル内を水平、垂直方向に鉱夫を追跡し把握をしています。その追跡には、携帯ネットワークやインターネットが必要ありません。

WipelotのSmart Mineソリューションではバーチャルゾーン(仮想ゾーン)という場所があり、鉱山の作業をする上で安全なエリアを割り出します。作業員の位置は常にモニターされており、どの作業員が近くにいるかも把握する事が出来ます。

禁止区域は、安全なエリアではなく、鉱夫は絶対に立ち入ってはいけない場所です。

作業員が禁止区域に立ち入ってしまった場合、RFIDトランスミッターは自動的に警告音を出します。警告はソフトウェアと通じているので、指揮官にも何が起こっているのか分かるようになっています。

さらに、オプションで衝突回避モジュールでは、車両と鉱夫が一定の距離に近づいた場合、警告音がなるようになっています。

鉱夫トランスミッターには、「パニックボタン」というボタンがあり、直ちにアシスタントに連絡が出来るようになっています。

壁に設置されているリーダーは、警告音を出すことが可能です。

作業員不動、そして倒れてしまった場合には、他の作業員にも警告がいくようになっています。

鉱山内にいる車両や重機などの位置はピンポイントで正確な位置情報を示すことが可能です。

副次的なアプリケーションとして、自動リソース時間の計算、リアルタイムで車両の速度のモニターを行う事、どのプラットフォームからでも機器の検索をする事が可能です。

高精度の信号モジュールは鉱山内の交通効率と負担管理の改善に重要な役割を果たすことが出来ます。

信号モジュールを使えば安全で待ち時間のない交通が100%衝突回避しながらする事ができ、さらにラジオ通信の減少をする事が出来ます。

Wipelot環境分析&警告では、温度、湿度、圧力、E-mail&SMS警告をする事が出来ます。

Wipelot Smart Mineは安全な鉱山業をワイヤレスで行うことが出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

IIoTへの戦略的な取り組みを進める製造業。IIoTをベースとした技術やユースケースを分析 世界のIoTに関するレポート公開中