【先週のSNSトレンド】話題の動画記事まとめ|1月31日水曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。水曜日は話題な「動画記事」です。

何故IoTプラットフォームを開発するのか

E2EプラットフォームはIoTアプリを構築する際に直面する多くの課題を解決します。
このプラットフォームは、アプリの構築に必要なも構造が全て集中しているのです。
それによりIoTをよりシンプルにすることができます。このプラットフォームを利用することで、自分でいちいち細かい箇所を確認することなく問題が解決するからです。
これは、費用や開発にかかる時間を大幅に節約できるだけでなく、アプリの安定性も高めます。
プラットフォームを選ぶ際には、自社に必要な開発のライフサイクルをカバーするものであることが大切です。E2Eプラットフォームはすべての機能を一か所で管理することを可能にします。

話題の元記事はこちら: Why develop on an IoT platform?

人類の奴隷化と5G、IoT、洗脳によるフルスペクトラム・パノプティコン(全展望監視システム)

パノプティコンとは、18世紀のイギリス人の哲学者で社会理論家であるJeremy Benthamが考察した一種の精神病院とその管理体制を表す言葉です。すべての電気・電子機器がコミュニケーションを図ることが可能になり、IoTの意図するところの全容がやがて明らかになるでしょう。IoTの進化に最も大きな影響を与えるのが5Gの開発です。

危機感を持って、今すぐ対処することが必要です。

話題の元記事はこちら: Population Enslavement and the Full-Spectrum Panopticon Through #5G, #IoT and #Wetware Mind Control

スタートアップ・ブートキャンプ-2018年IoTデモ・デー

1月24日、IoTスタートアップ・ブートキャンプが、デモ・デーを開催し、国立博物館を席巻しました。ここでは、9社のIoTスタートアップ企業が300以上の潜在的な顧客や投資家を前に自社の紹介を行いました。
350社以上の応募者から選び抜かれた9社は、産業用、B2B、高インパクトアプリ、スマートビル、農業分野、機械の自動化など、様々な領域での各社の特徴を披露しました。

話題の元記事はこちら: Startupbootcamp IoT Demo Day 2018

IoT Research Labs-IoTによる解析-運搬管理企業を駆動

BW BusinessworldのSujata Sangwanとのインタビューで、IoT Research Labsの共同創業者、Thanmai Deekshithが彼のベンチャーの始まり、経緯、詳細と将来の計画について語ります。
スタートアップである彼は、現状の運輸業界ではテクノロジーと運輸間のシナジーが欠如しているので、効率性に欠けていると考えています。IoTやクラウドコンピューティングなど最新のテクノロジーを使用することで、同社はこの状況に変革を与えようとしています。

話題の元記事はこちら: IoT Research Labs An IoT Powered Analytics driven Fleet Management Company

サイバー犯罪の起点となるIoTデバイス-2018年マイクロ・セキュリティに関するトレンド予測

2018年サイバー犯罪者は、IoTデバイスを攻撃する新たな手法を編み出すでしょう。デバイスが厳格なセキュリティを備えて製造されているわけではないという現状では、IoTの弱さが市場でさらに露呈することが予測されます。IoTによって、図らずも増加するコネクティビティと攻撃面の拡大が、ハイジャックの機会をうかがっているサイバー犯罪者に恰好な機会を提供してしまいます。
今年のIoTセキュリティへの取り組みが、利用者と企業にどのようなインパクトを与えるでしょうか?そして、犯罪を防ぐために、何ができるでしょうか?

話題の元記事はこちら: IoT Devices as Jumping-off Points for Cybercrime: Trend Micro Security Predictions for 2018

ブロックチェーンがソフトウェア業界のインフラストラクチャを向上させる。2018年〜2022年の市場価値、成長パターン、現... 世界のIoTに関するレポート公開中