【動画】IIoTの使用事例 – スマートオペレーション

ますます多くの業界の企業がIIoTの採用を検討し、業務をより効率的に、収益性を高める事をしています。Honeywellのスマートオペレーションは、クラウドペースのソフトウェア、データ解析、モビリティツールを通して企業の信憑性を高め利益を最大化します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

動画に出てくる主人公の名前は、リアムです。リアムはカナダ西部で石油化学工場をより良くする為にHoneywellと共同で事業に取り組んでいます。

リアムは昇進を得て会社の本社へと移りました。リアムの新しい仕事での目標は、会社の運営を有益にする事です。これをするには、作業の効率化と信憑性を2%ほど上げることが必要です。

リアムが一番最初に行った事は、Honeywellのスマートオペレーションチームに連絡をし各工場の作業経過が分かるために必要なデータを収集を行いました。

そして、企業でどうHoneywell技術を使用するか、戦略を立てます。

クラウドベースのソフトウェア、データ解析、モビリティツールが、企業の信憑性を高め、収益を最大限に上げることが可能です。

リアムは、統合されたプログラムを生産最適化と運用管理を導入する事からはじめました。

そして、これは効率を高めるだけではありません。他の技術者に訓練を行い、より技術の能力を高めることで稼働時間を改善する事が出来ます。

企業全体で複数のアプリケーションを展開している為、リアルタイムのKPIを追跡し、企業全体の投資収益率を確認する事が出来るので、リアムの上司もリアムが見ているのと同じデータをみて確認する事が出来ます。

1つの工場を最適化するのには、何年もかかります。ですが、Honeywellの安全なクラウドソフトウェアソリューションを使えばより早く収益を上げることが出来ます。

リアムは2000万ドルの収益を2年以内で上げることに成功しました。リアムはこれからHoneywellのソリューションを使いサプライチェンをより最適化し、次の昇進を狙っています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方