【動画】Blyinkを使ってあらゆるIoT製品のモバイルアプリケーションを数分で構築する – インテルソフトウェア

Blynkは、IoT製品をモバイルアプリケーションと接続する為のプラットフォームを構築します。Intel Edisonを使い、たった数分でiOSとAndroid、そして複数のプログラミング言語で動作するIoTプラットフォームを提供しています。動画はIDF 2016のデモンストレーションを行っています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

IDF 2016にて、Pavel Bayborodin氏によるBlynkの紹介です。

Blynkはたった数分でIoT製品のモバイルアプリケーションを構築する事をしています。

BlynkはIoTプラットフォームで全てのIoT製品のモバイルアプリケーションを構築する事が可能です。

インターフェイスをドラッグ・アンド・ドロップするだけで好みのインターフェイスにアレンジする事ができ、ハードウェアと同時に使えることが出来るようにさせます。

今回は、Intel Edisonを使って作業を行います。Blynkはエッジデバイスでも動作する事とサーバーデバイスとしても動作する事が可能です。そして、全ての作業がIntel Edisonで完結する事が出来ます。

BlynkはiOSとAndroidで動作する事ができ、ハードウェアはC、Node JS、Python、JavaScriptなど、たくさん対応しています。

BlynkはIntel開発者プログラムの一環で、Intel IoTソリューション連盟に加盟しています。

実際のデモを行いましょう。

ここには、コンパイルされたプロトタイプがあり、これはIntel IoTスターターキットです。

プロトタイプはIntel Edisonで構築されており、たくさんのセンサーや機械装置などがあり接続する事が出来ます。

このプロトタイプでモバイルアプリケーションを作る事が出来ます。まず最初は空のキャンバスから始めます。

必要な要素を決める必要があり、例えばボタンを追加し、電源のオン、オフの役割をするものなどを決めます。このようなウィジェットがあるので、それを基につくることが出来ます。

インターフェイスが出来上がったら、実際に試してみましょう。スマホの画面上で操作したものが実際にリアルタイムで反映されています。

また、温度などのデータを記録する事も可能です。モノのインターネット(IoT)はとても重要な役割を果たしており、物理的なプロトタイプがアプリと常に連動している必要があります。

このように常に連動させる為に、全ての接続方法が適応されます。例えば、Wi-Fiはもちろん、イーサネット、3G、そしてBluetoothなどが例としてあげられます。

プロトタイプが出来たら、カスタマイズをして自分の会社のロゴやアイコンをいれてApp StoreかGoogle Playで配信する事が出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
幅広い業界に影響を与えるブロックチェーン。市場の動向、テクノロジーの問題、主要な使用事例を調査 世界のIoTに関するレポート公開中