Votiroは、VMwareと技術提携し、パートナープログラムに加入

VMWARE AND VOTIRO
VMWARE AND VOTIRO

現在進行中のサイバー脅威から安全組織を保護するアドバンスト・コンテント・ディスアーム・アンド・リコンストラクション・ソリューションの世界的規模のプロバイダーであるVotiroは、本日アクセスレベル・パートナーとしてヴイエムウェア・テクノロジー・アライアンス・パートナー(TAP)プログラムに加入したことを発表しました。
TAPプログラムのメンバーは、VMwareと連携して、仮想化とクラウドコンピューティングの、問題解決に向けての革新的な取り組み対策を提供します。
TAPエコシステムの多様性と奥深さは、お客さまの独自の要望を満たすことのできる、適切な専門業務知識を持つパートナーを、柔軟に選択できるようにしていることにあります。

VMware・TAPプログラムの、世界中の何千人もの加入メンバーは最高の専門知識を持ち、それぞれのお客さまの環境別に、ビジネスの中の問題解決に向けての取り組み手法を提供することを共通のポリシーとする技術パートナーという存在です。

VMware・TAPプログラムの担当ディレクターである、クリスティン・エドワーズ氏は後のように語りました。

「VotiroをVMware・TAPプログラムの大切なメンバーとして歓迎します。
メンバーとして加入することは、お客様が合理化されたクラウド・インフラの専門知識をフルに活用できることを意味します。Votiroはこのプログラムに参加することで、VMwareと協力してお客さまの環境を革新できる技術の開発に取り組んでいます。」

またVotiroのイタイ・グリック最高経営責任者(CEO)は次のように語りました。

「Votiroは、悪意のあるドキュメントによる標的型攻撃からお客さまを守ることに重点を置く必要があります。VMwareとの協力によって、すべてのデータの通り道を保護するため仮想的インフラと物的インフラの両方を守ると同時に、コスト削減を含んでいるVMwareのプラットフォームの優位点をお客様に提供することができます。」

Votiroの製品情報、担保およびその他の資産一覧は、オンラインのVMware Solution Exchange(https://solutionexchange.vmware.com/store/companies/votiro-cybersec-ltd )に掲載されています。
VMware Solution Exchangeは、VMwareのパートナーおよび開発者が、豊富なマーケティングコンテンツとダウンロード可能なソフトウェアを、お客様に公開できるオンライン市場です。

Votiroについて

Votiroは、サイバー攻撃に使われる非公開のゼロデイ攻撃に対抗できる本質的な防御策の内容を組織に提供しています。

同社のsecure・電子メール・ゲートウェイは、潜在的なサイバー脅威からファイルをサニタイジングするための、堅牢な防御策と特許取得済みのアドバンストコンテンツ・ディスアーム・アンド・リコンストラクション・テクノロジを提供します。

2010年に設立されたVotiroは、イスラエルのテルアビブに本社を置き、米国、オーストラリアシンガポールに営業所を構えています。取引先には、銀行などの金融機関、政府機関、エネルギー・電力会社、通信サービスプロバイダー、保健関係、小売り企業、大企業などで、重要なITインフラや機密データを保護しています。

VMwareは、米国およびその他の国のVMware、Inc.の登録商標です。
ここに記載されているその他のマークおよび名前は、それぞれの企業の商標です。

AIの普及により高まるハイエンドプロセッサの需要。AI時代の新しい半導体産業の方向性 世界のIoTに関するレポート公開中