【動画】コネクテッド施設による建物の管理

Yanziは、温度の変化などの測定可能なものを検出されるコネクテッドセンサーを提供しています。クラウドベースのバックエンドは、センサーをインテルゲートウェイ経由でモニターアプリケーションに送信します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Yanziの新しいコンセプトソリューションをご紹介したいと思います。このソリューションは、建物のシステム管理を行います。

具体的に何をやるかと言うと、温度と湿度が測定出来るセンサーを建物内に設置して、簡単に、そしてとても安く設置する事が出来ます。

これには、インターネット、クラウドベースでバックエンドソリューションとなっているので、すべてのデータを取得し、そのデータはintelベースのゲートウェイに接続されます。そして、データを監視、マネジメントする事が出来ます。

例えば、今回のデモンストレーションであれば、グラフィカルモニタリングソフトウェアで見てみましょう。

この図表(画像)では、実際のヒートマップを表示しています。このヒートマップは、スウェーデンにあるIntelのオフィスを表しています。

部屋内の温度は、色別で表示されています。それぞれの部屋をクリックすると、温度のデータを表示する事も出来ます。

そして、部屋だけではなく、様々な家電に対してもデータをみることが出来ます。今回では、コーヒーマシンに注目してみましょう。

機械の電力消費のデータから、何回コーヒーマシンが使われたか、分かることが出来ます。

このような事をあなたが所有している建物でも、簡単に、そしてとても安く行うことが出来ます。

今回行ったデモンストレーションのような事は、予防メンテナンスなどを行う際にも使えます。なぜなら、ソフトウェアのデータ解析によって、機械の電源が何回入ったか、切れたかを確認する事が出来るからです。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
IIoTへの戦略的な取り組みを進める製造業。IIoTをベースとした技術やユースケースを分析 世界のIoTに関するレポート公開中