【動画】インテルのFPGAがどのように産業界のモノのインターネット(IoT)を可能にするか

工場の自動化と安全性をFPGAが産業用モノのインターネット(IoT)の新しいチップを用いて効率的に生産性を向上させる事を実現できます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Intel社のFPGAは、幅広い産業アプリケーションでIndustry 4.0およびIoTを実現させようとしています。

現在のスマートファクトリーでインテルは、安全なクラウドに接続されたプログラマブルコントローラインターフェイスを1つのチップに統合しています。チップは工場で生産に関する解析を行う事をします。

業界を代表する”intel functional safety data pack(インテルファンクショナルセーフティーデータパック)”は、迅速に市場投入までの時間を短縮する手助けをするSIL3認証を可能にしています。

スマートグリッドの中心にある変電所は、21世紀で最も知的なFPGA技術により、最小限の応答時間でリアルタイムの制御を行うことが出来ます。

FGPAは低レイテンシで高性能を兼ね備えているので、リアルタイムグリッド推定やボルトコントロール、そして広範囲周波数モニタリングを行うことが出来ます。

再生可能なエネルギーからの双方向電気の流れを効率的に管理するためには、最小の高調波でグリッドタイピングを可能にするFPGA技術が必要です。

ハードウェア暗号化により、安全で安定したガードが保証されています。

インテリジェントビジョンは、交通渋滞を回避するためのリアルタイム情報を提供する事で、利便性と安全性が向上します。

自動車の運転手に今現在空いている駐車場の位置を示すことも利便性の向上の一つです。

常にビデオカメラで監視をしておく事で危険な事の予知をする事ができ、安全を維持しながらプライバシーの侵害も防ぎます。

このような高度なビデオ分析機能を提供するには、最大1ギガヘルツのDSPを8使用しなければいけませんが、Intel SOCではたった1つのチップで実現可能です。

あらゆる環境で15年以上も駆動する事ができ、安全で効率的に産業用モノのインターネットに接続する事が出来ます。


もっとたくさんの情報は、altera.com/industrialにアクセスしてください。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】世界の産業オートメーション制御市場2018-2022 世界のIoTに関するレポート公開中