IoT技術で新たな世界を切り開く 「ジェムアルトのLTE-M」

gemalto
gemalto

(ジェムアルト社プレスリリース、2017年10月31日)

当社ジェムアルトの「LTE-M」が、アメリカ通信大手のベライゾン様から「第4世代移動通信システム(4G)との相性が良い」と高く評価されました。
当社の「LTE-M」はオンデマンド接続との互換性があるので、「インターネットとつないだデバイス」(IoTデバイス)を遠隔から管理するときの作業が簡素化されます。そのため、業務の効率化を図ることができるのです。

IoTデバイスは2020年までに数十億種にまで増えるとも言われていますが、その大半は4Gの全容量を必要とするわけではありません。そして当社の「LTE-M」や「NB-IoT」をご使用になれば、IoTデバイスが効率よく4Gに接続できます。
当社の「LTEカテゴリーM1 IoTモジュール」がベライゾン様から高く評価されたのは、消費電力が大幅に削減されたことで、セキュリティ分野やネット健康ビジネス分野、または各企業の販売業務において、携帯端末機器の使いやすさが格段に向上したからです。

「eSIM」と「リモートプロビジョニング」にも対応
当社の「シンテリオンIoTモジュール」の最大の特長は、組込SIM(eSIM)と互換性を持たせたことです。
「シンテリオンIoTモジュール」にeSIMを搭載することで、ネット接続の信頼性が格段に向上しました。さらに2つの機器を1つにしたことで、設計が簡略化しシンプルなつくりにすることができました。
それだけではありません。
「シンテリオンIoTモジュール」はさらに携帯端末機器のアップデートに対応できるので、携帯端末機器の「製品寿命」を長くすることができるのです。

圧倒的な省電力化でバッテリー寿命を延ばす

「シンテリオンIoTモジュール」は、従来製品より15倍速く起動することで、省電力化を実現しました。これによりバッテリー寿命が延びるので、電池式のIoTアプリには不可欠な性能といえます。

IoT製品責任者兼上席副社長のアンドレア・ヘーゲルからみなさまへ
インターネットへの接続を効率化した「シンテリオン LTE-Mプラットフォーム」は、企業様の新しいIoTアプリ開発を加速化させるので、トータルコストを下げることができます。
当社は何十年にもわたって、プロビジョニング企業様や移動体通信事業者様のお手伝いをさせていただいております。こうした実績を生かして、当社は今後もIoTのリーディングカンパニーとして存在し続けます。

ジェムアルトのご紹介

私たちGemaltoは、デジタルセキュリティのグローバル企業であり、2016年の年間収益は31億ユーロ、顧客は180カ国以上にいます。
私たちの使命は「ますますつながる社会」を世界にもたらすことです。
当社のテクノロジーの結晶である生体認証や暗号化技術を搭載した安全なソフトウェアは、企業様や政府が求める人物認証やデータ保護のお役に立つことでしょう。
「個人のデバイス」と「ネット接続したモノ(IoTデバイス)」と「クラウド」の3つの領域を行き交うデータの数は、まだまだ加速度的に増加するでしょう。そのような活発で広範囲なデータアクセスにおいても、当社は安全なサービスをお約束します。
私たちのソリューションは、決済からセキュリティ、ネット接続したモノまで、現代生活のすべてを網羅します。
私たちは常にソフトウェアの新しい価値を創造し、数十億もの人やモノに関する「デジタルなサービス」を提供いたします。
当社の従業員は約15,000人。48の国に、112のオフィス、43のデータセンター、30の研究開発センターを配置しています。
詳細はwww.gemalto.comをご覧いただくか、Twitterで@gemaltoに従ってください。

インダストリー4.0テクノロジ市場2023年に214億ドルに達すると予測。市場の変化の詳細と懸念要素 世界のIoTに関するレポート公開中