【動画】接続されてないものを接続する:スマートな製造におけるIIoTの接続性

このビデオでは、製造環境を実現するためのいくつかの一般的な方法や障害の解決方法について説明し、IntelベースのADLINKが提供するソリューションをご紹介します。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

たくさんの製造会社は、スマートファクトリーへの移行をしようとしています。

ですが、ほとんどの人は、何から初めて良いかわからないのです。

工場の85%の機器は今現在IoTと接続されていません。もし、あなたが製造業者の人だったとしたら、知的なスマートファクトリーに変えるために、どのような事をするでしょうか。

全ての機器を捨てて新しい工場を建てるでしょうか?そんな事は誰もしたくはありませんよね。

既存している機器をアップデートして運営するためには、どのような事をしたら良いかを考えましょう。

最初の課題は、PCP PCやMUCなどの異なるコントローラーを使用している機器に接続する事です。プロトコルの多様性はModbus、DeviceNet、Canvasなど様々です。

工場の細かな要望に応えるために必要な機械のソースコードを、機械を製造しているメーカーは提供してくれないので、それもまた運営をする上で一つの難所です。

工場管理者は、システム管理者が現在インストールされている機械のアプリケーションの削除、追加、修正をする事を躊躇している事がよくあります。

リアルタイムでデータを共有する事は、スマートファクトリーを実現させる絶対条件になってきます。

ソリューションは正確なデータを正確な場所に、正確な時間に届ける必要があります。

IntelベースのADLINKは効率的で安全に、リアルタイムでスマートファクトリーと接続する事が出来ます。

ADLINK data extraction seriesは接続されていない設備からデータを遠隔制御して、重要なデータをネットワークに安全に接続する事が出来ます。

ADLINK はOTおよびITデータブリッジのためのプロトコルマッピングアダプタフレームワークの設計を提供します。

これは、DDSを使用した柔軟なcyber-physical system architectureになります。

DDSは規模の拡大に対応出来ます。そしてとっても信頼できる高パフォーマンスのシステムです。DDSは低レイテンシで稼働する事が出来ます。

ADLINKに接続された新しい手法は、従来の産業用コンピューターの限界を克服し、非標準インターフェイスから多様な情報を取得します。

遠隔接続による機械の誤作動や障害を管理するために、何か問題があるとすぐに管理者に通知されます。

Industry4.0の採用は、より早くネットワークに接続し、特定の場所以外での運営管理が出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
自動車業界に革命を起こすブロックチェーン技術。スマートマニュファクチャリング、IoTなどブロックチェーンの使用可能な部門... 世界のIoTに関するレポート公開中