IoTプロセス製造の世界市場 2017年の7億504万ドルから2022年には27億ドルに急拡大。年間成長率は28.7%

レポートの全文はこちらのサイトへ https://http://www.reportlinker.com/p05286572

  • ハードウェア市場:2017年の3億143万ドルから2022年には10億ドルへ(年間成長率26.8%増)
  • ソフトウェア市場:同3億748万ドルから14億ドルへ(31.0%増)
  • 第1章:イントロダクション

    本レポートはプロセス製造分野におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場の動向を捉え、定量評価しています。工場はこれまで、製品の製造工程で自主自立のソリューションに頼ってきました。管理者は企業の業務の全体を見ることなく、仕事の一部しか見ることができませんでした。情報は、お互いに交信しないさまざまなシステムに閉じ込められ、その結果、製品設計でも製造過程でも顧客サービスでも非効率な運営を強いられてきました。
    管理者はこれまで、顧客に商品やサービスを提供するために、より統合されたアプローチを模索してきたはずです。その中でIoT技術こそが、さまざまな要素をつなぎ合わせて結束させる可能性を秘めているのです。IoT技術の潜在能力は、競争環境を一変させるインパクトを持っています。このレポートの目的は、次の項目に関する理解を提供することです。

  • IoT市場の要因
  • IoTの最先端の開発
  • IoTの経済的な影響
  • IoT市場を推進し展開する上での課題
  • 調査の目標と目的

    本レポートには「生産計画の作成」や「IoTソリューション市場に参入する取り組み」に関する、有益な情報が含まれています。IoTによる自動化の動向は、さまざまな観点から調査しています。ネットワークのエッジ部分では、異なるシステムとの接続に課題を抱えていますが、インテリジェントセンサーが、ネットワークエッジのインテリジェント化を進める推進力になっています。管理業務に支障を抱えている企業は特に、IoTを展開していく姿勢を明確にしていく必要があるでしょう。
    本レポートでは、すべての市場について2022年までの予測をしています。さらに一定業種の市場と市場全体の累積をドルベースで見積もっています。
    さらに本レポートでは、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークの3大カテゴリーの機器に関して、収益差を定量化しています。

    この調査を行った理由

    プロセス製造分野では、さまざまな要因から、システムの自動化レベルが格段に上昇しています。サプライヤー企業は、より高いレベルの自動化を獲得することで、コストを効率的に管理できるようになります。サプライヤー企業はさらに、次の果実を得ることができます。

  • 生産性の向上
  • 製品の品質向上
  • 新しいサービスの開発
  • グローバル市場でのダイナミックな競争力
  • 競争が激しい市場への挑戦
  • 標準的なネットワーク・プロトコルが登場したことで、小型マイクロプロセッサーベースのセンサーの柔軟性が増し、普及しました。そのおかげで、製造業者はパフォーマンスを高める情報を集めることができ、従来の手作業を自動化することができました。
    従来は、製造現場で作動している「センサー」や「ブログラム可能なロジック制御システム」のようなツールは、高い金額で購入するしかありませんでした。
    ところがセンサーは、標準的なネットワーク・プロトコルを搭載し始めたことで、より小型化され、よりスマートになり、より安価になったのです。
    そのような高性能で安価なセンサーと、洗練されたソフトウェアが融合し、製造業者は、劇的にビジネスプロセスを改善する新しい方法を採用できるようになったのです。
    IoTシステムは一から製造工場をつくるときに最適なツールですが、IoTソリューションを既存施設に統合することは、困難を伴います(大きな収益は見込めますが)。
    IoTを既存施設に導入するには、製造業者は複雑なインフラを導入し、変化を好まない従業員を再教育する必要があります。

    この調査で取り上げている内容は次の3点です。

  • 新しい時代を迎える自動化工場の技術の動向
  • IoTソリューションの主要メーカー
  • 製造業者が直面している課題とチャンス
  • IoTプロセス製造市場が拡大しているのは、ローカル市場でも国際市場でも健全なビジネスが展開されているからです。その結果、これらの製品は、欧米、中国日本といった先進的なビジネス激戦区で、より大きく販売されるようになりました。

    この調査ではプロセス製造市場におけるさまざまな分野の分析も行っています。
    例えば、3つのセグメント(ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク)の市場規模を定量化するため、広範囲な調査を実施しました。これは多くのマーケティング担当者、製造業者、システムインテグレーター、請負業者にとって重要な資料になるでしょう。そしてもちろん、最も優良な市場に製品とサービスを提供しようと、自動化産業を構築中の企業にも、この資料は役立つはずです。

    このレポートの範囲

    IoTソリューションの構築では、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークの3大コンポーネントを含んでいます。この市場はサブセットに分割されています。
    ハードウェアは、「センサー」「ブログラム可能なロジック制御システム」「分散制御システム」で構成されています。ソフトウェアは、IoTプラットフォームビッグデータセキュリティソリューションが含まれています。ネットワークには、有線に無線にも対応しています。
    このレポートは、IoTシステム向け市場に影響を及ぼす技術、市場、ファクターを検証しています。市場予測は、過去のアクテビティや現在の状況、技術的な進歩と課題、そして5つのサブセットに基づいて行っています。市場規模の算出では、調査可能なすべての市場の数字を合計し提示しています。実際の収益と市場の潜在力を比較した検討も行っています。
    市場に関しては技術とセクターに分けて考察しています。技術動向に関しても議論しています。製品に関する評価を行うときは、世界市場を見渡した上で、技術力と市場潜在力を詳細に分析しました。
    IoT関連の分析には特に力を入れていて、ソリューションコスト、最新標準、共通慣行について盛り込みました。
    プロジェクトチェーンにおいては、IoTプロジェクトの「タイプと範囲」を決めている最高意思決定者を特定しました。そしてシステムの「要求と購入」に影響を与える要因を検証し、グローバルな課題への国内的または国際的な対応を探りました。
    このレポートでは、IoT市場を、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークの3つの製品群と、次の5つの特定市場にセグメント分けしています。
    5つの特定市場とは、「石油とガス」「食品」「医薬品とライフサイエンス」「プラスチック」「金属」になります。

    ハードウェアは、次の3タイプの工場フロアデバイスを含みます。

  • センサー
  • ブログラム可能なロジック制御システム
  • 分散制御システム
  • ソフトウェアはIoTプラットフォームビッグデータセキュリティで構成しています。
    ネットワークは、有線または無線接続で構成しています。
    記載した収益の金額は、世界全体での販売を網羅しています。

    成熟産業の製造業は、一桁台の低率成長です。
    5つのセグメントのうち、医薬品と食品は最も速いスピードで成長するでしょう。なぜなら、工業国で保健事業がさらに拡大し、医薬品がより使われるようになるからです。また世界経済の拡大は続くので、食品もより多くの場所で必要とされるでしょう。
    競争は、確立された市場ではより激しくなり、確立されていない市場でも増加するでしょう。
    競争はイノベーションを呼び起こし、競争に勝ち残るための技術もより多く使われるようになるでしょう。

    情報ソース

    このレポートの情報ソースは、次の方々です。
    IoT製造業幹部、エンジニア、マーケティング担当者、標準化機関の代表者、購買担当者、情報技術および運営技術担当者、販売会社の広報担当者、国内および国際的な政府機関
    市場調査の数字の多くは、企業の財務報告書から引用しています。これらの資料は、市場動向と企業イニシアチブに関係しているサプライヤーや、さまざまな業界の専門家に取材して得たものです。
    また、ネット情報、企業広報、ケーススタディ、業界コンソーシアム、業界貿易統計などさまざまな資料も幅広く利用しています。
    デジタル統計と印刷物の統計を集めて定量分析を行うとともに、さまざまな市場分野の動向を確認しました。

    IoTシステムの世界市場を定量化するアプローチでは、いくつかのステップを踏む必要がありました。
    最初のステップは、IoTシステムそれ自体の技術と、IoTシステムを製造している企業が持つ技術の輪郭を描くことでした。市場は進化しているので、さまざまなカテゴリーの間に明確な境界線を引くことは困難を極めました。
    製品カテゴリーのシフトに伴い、サプライヤーはより一貫性のある統合化されたIoTソリューションの提供に力を入れています。企業が製品のラインナップを広げているので、多くの製品が新しいたくさんのカテゴリーで提供されています。異なるタイプの製品がたくさん存在するため、収益をそれらに分けることは困難でした。
    ただ、販売会社の担当者や業界の専門家たちの助けを借りて、これらのカテゴリーを可能な限り詳細に分類することができました。

    さまざまな産業特性を量的に把握するために、新たな手法も開発しました。IoT関連の基盤要件では、政府の規制政策についてもアセスメントしました。このステップでは特に慎重に取り組む必要がありました。
    IoTソリューションのコンポーネントシステムのために、マーケットサマリーを更新しました。この情報を手掛かりにして、業界代表者、規制当局者、販売会社を取材し、IoTシステムの実装がどの程度進んでいるのかが把握できる貿易出版物の出版とネット情報の提供にこぎつけることができました。

    このレポートはまた、異なる種類のコンポーネントシステムを統合する市場のアクテビティにも焦点を当てています。
    さまざまなIoT製品の収益は、次の2つの項目を合計しました。

  • 新規の展開
  • 効率化を目指した工場のアップグレードのための工場所有者の決定
  • そのほか、
    ガートナー社、工業インターネットコンソーシアム、国際データコーポレーション、そしてウィキペディアから得られた公開情報は、本レポートの中での議論で、背景資料として活用しました。

    国際経済は複雑化し、予測困難になっています。本レポートで提示した予測数値は、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、CIA、世界事実情報帳、米国労働統計局、国連など、さまざまな経済監視団体から得られた情報を元に割り出しました。
    これらのセクターからの情報があってこそ、この5年間の市場予測が可能になりました。
    すべての金額は米ドル表記にしています。

    方法論

    製造業は世界経済の巨大かつ重要な分野です。国際通貨基金(IMF)によると、製造業は2016年に世界で75.2兆ドルを生み出しています。その大半は、アメリカ(18.6兆ドル)、EU(16.0兆ドル)、中国(11.1兆ドル)が稼ぎ出したものです。
    IMFは今後5年間に、約3.0%という緩やかな水準で市場が拡大すると予想しています。
    中国は大体6%以上の成長を達成していますが、アメリカ、EU、日本はそれぞれ1~2%の成長にとどまっています。世界経済はかなり変動しています。
    欧州では、イギリスのEU離脱が大きな影響を及ぼし始めています。アメリカでは2016年に就任したトランプ大統領が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の離脱を決めたことで、製造業市場に影響を与えるでしょう。
    本レポートの予測は、世界経済の成長が控えめで、大混乱が起きないことを前提に作成されました。2008年の経済危機のような巨大なマイナス要因が発生すれば、成長の数字を押し下げることになるでしょう。

    製造業はいま11.1兆ドルを生み出し、世界経済全体の売上高の14.7%を占めるという、とても大きな存在です。
    国連によると製造業の収入の大部分は、次の4カ国に集中しています。

  • 中国:2.9兆ドル
  • アメリカ:2.2兆ドル
  • 日本:1.3兆ドル
  • ドイツ:1.1兆ドル
  • 国連世界製造業報告書によると、2016年に2.6%の成長が報告されており、2017年にはさらに高い数字が予想されています。開発途上国は製造拠点こそ少ないものの、経済成長を促すためにインフラや教育に投資し、規制撤廃に取り組んでいます。その結果、発展途上国でもかなり速いスピードで製造業が生み出す製品が増えています。一方の先進国はより大きな製造拠点を保有していますが、市場が成熟しているため成長が遅くなっています。
    IoTは、産業オートメーション市場に劇的な影響を与える技術なので、今後、市場の勢力図は大きく変わるかもしれません。

    IoTは多くの市場で変革をもたらす技術なので大きな潜在能力を秘めているのですが、しかしIoT技術はとても複雑です。さらにIoT技術はまだ開発の初期段階なので、世界経済に与えるインパクトはまだ限定的でしょう。
    IoTはまずは、真新しいフィールドで実装されるでしょう。メリットがはっきりして、技術が向上すると、既存の工場などで使われるようになります。

    このレポートが取り扱う地域

  • 北米
  • 欧州
  • アジア太平洋地域
  • IoTプロセス製造技術の種類

  • IoTソフトウェア
  • IoTプラットフォーム
  • ビッグデータ
  • IoTセキュリティ
  • IoTハードウェア
  • センサー
  • ブログラム可能なロジック制御システム
  • 分散制御システム
  • IoTネットワーク
  • 有線接続
  • ワイヤレス接続
  • 最終消費市場におけるIoTプロセス製造

  • 石油とガス
  • 食品
  • 医薬品とライフサイエンス
  • プラスチック
  • 金属
  • 第2章:サマリーとハイライト

    IT(情報技術)は引き続き多くのビジネスに大きなインパクトを与えるでしょう。開発サイクルを加速させ、効率化を高め、より完全な運用を提供します。
    かつて、売掛金や給与の計算といった業務は、まったく統合されず独立して遂行されていましたが、このような業務はいまや1つの金融システムに統合されています。
    こうした進化は、多くの点でプラス効果を与えます。
    産業オートメーション企業では、ロボットアームの衰耗を判定でき、必要に応じて調整できます。
    ただ、潜在的なメリットを理解している企業は多いのですが、業界のサプライヤーには大きなハードルがあります。第1の課題は、ネットワーク機能をさまざまな要素に拡大することです。
    一般的に、センサーなどの組み立てラインは知能がほとんどありませんでした。データを集め、解釈し、積極的に使うことなど、絶対に無理でした。操業を続けながら製造プロセスを改良していく、ということをしなければなりませんでした。まるで走行しているバスに塗装するようなものだ、と言った人もいます。
    最近出現したクラウドやビッグデータ、分析、セキュリティといった新しいネットワーク技術は、企業がこの道を進むことを手助けします。

    産業プロセス製造市場でも、同じような変化が起こりつつあります。例えば「ブログラム可能なロジック制御システム」のような、独立系デバイスに搭載されているインテリジェンスは、企業の中で原材料の調達から販売までの全部署で共有されるでしょう。
    IoTは、インテリジェントネットワーク端末の新世代と位置づけられています。製造業にIoTが導入されれば、オペレーションの状況をリアルタイムに観察できるので、より効果的にオペレーション管理ができるのです。

    市場の変化は、サプライヤーに新しい課題を提示しました。従来の境界線はぼやけてきて、サプライヤーはビジネスの選択と集中を迫られています。
    アマゾンの成功は今日の製造業者に可能性を示唆しています。アマゾンはオンライン小売業としてスタートしましたが、いまやテクノロジーの巨人です。アマゾンは小売市場の枠を超えて大成功を収めたのです。
    従来の産業オートメーションサプライヤーは、この急速に変化する市場において、自分たちの付加価値と役割を理解しなければなりません。ITは大きな変化の時期に差し掛かっているのです。
    クラウドは新しいデータセンターとなり、経営資源はもはや顧客のサイトにはありません。その代わり、経営資源を会社のデータセンターに置くことができます。
    ビッグデータはいまや、分析とソリューションを統合する巨大なデータベース管理システムといえるでしょう。そのビッグデータは、ビジネスに欠かせない新しいツールになりつつあります。
    IoTはネットワーク端末に知能を備えます。企業は新しくてエキサイティングな方法でこうした技術を使うことができます。
    このような流れに乗ることは決して簡単なことではありません。製造業は特殊な市場であり、高い需要と強い競争圧力があります。最先端を走る人は、新しいインターフェースと統合化に挑戦すべきかもしれません、ただし成功は約束されていませんが。

    プロセス製造ではまだ、IoT市場は開発の初期段階にあります。スタートアップ企業が市場にあふれ、次世代ソリューションの中枢神経になりうるシステムとしてのIoTプラットフォームを売る企業は数百に及びます。
    ネットワークの要素は、特にワイヤレスでは、まだ開発段階です。新しいセンサーが登場したことで、関連企業はこの新しいビジネス環境で存在感を示すため、仮想化されたソフトウェアをPLCや分散制御システム(DSC)上に実装し始めています。
    ところが、標準化の作業が混乱しています。より明確に定義した標準づくりは始まりましたが、まだかなりの作業がまだ残っています。このプロジェクトは現在、開発の初期段階であり、パイロットのフェーズです。
    数年後には大きな課題が現れるでしょう。しかしサプライヤーと製造業者にとっては、IoT技術を使って業界内での優位に立つ、またとないチャンスといえるでしょう。

    IoTはネットワークの機能強化を重視していますが、しかし市場のネットワーク化は遅れています。ネットワーク販売業者はいま、従来のIP機能を小型化し、なおかつエネルギー効率を上げるフォームファクターの開発に懸命です。
    その間に、産業用ネットワークとデバイスをIoTシステムにリンクさせるゲートウエイが現れました。無線空間では、いくつかの標準が開発中です。
    ハードウェア販売業者は、ネットワーク端末のインテリジェンス化に取り組んでいます。知識とデータの収集をサポートするため、新しいセンサーが最初から搭載されているのです。
    従来の産業サプライヤーは、現行システムに仮想レイヤーを加えればいいので、簡単にIoTネットワークに参加できます。
    ソフトウェアは企業の主要業務をけん引するでしょう。なぜなら、新しいIoTプラットフォームを活用すれば、ネットワーク端末のインテリジェンス化も、業務の合理化も、システムパフォーマンスの向上も、不良製品の削減も、顧客サービスの向上も達成可能だからです。

    ビッグデータとその分析は、IoTムーブメントの核心部分といってもいいでしょう。
    製造業者はいま、自社の業務分析を進めるために、より多くの情報を集め、その情報を使っています。このようなシステムは安全でなければなりません。ハッカーたちはすでにIoTデバイスを使って、企業のネットワークを破壊できることを実証済みです。そのためサプライヤーはIoTデバイスのセキュリティを懸命に改善しています。

    レポート全文はこちらへ:
    https://http://www.reportlinker.com/p05286572

    レポートリンカーについて

    レポートリンカーは市場調査ソリューションでは輝かしい実績を有しています。当社をご利用いただければ、業界データの検索、整理が1カ所で行えます。

    担当者クレアの連絡先:
    clare@reportlinker.com
    US: (646)-751-7922
    Intl: +1 646-751-7922

    原文はこちら: The global market for Internet of Things (IoT) process manufacturing technologies will grow from $750.4 million in 2017 to $2.7 billion by 2022 with a compound annual growth rate (CAGR) of 28.7% for the period of 2017-2022

    【IoTレポート】産業用インターネット(IIoT)とコネクティッドマニュファクチャリング:主要なIIoT技術、アプリケー... 世界のIoTに関するレポート公開中