中国とヨーロッパの最先端技術が集結する 「IoTとクラウドのエキスポ」が恵州で開幕

Critical_Communications_Expo_2017
Critical_Communications_Expo_2017

(恵州市、中国、2017年10月31日/ PRニュースワイヤ・アジアネット)

「第6回中国恵州IoTとクラウドコンピューティングのエキスポ」(以下、エキスポ)が11月1日、恵州市コンベンション・エキシビジョンセンターで開幕します。
開催地の恵州市は、中国の広東省の東南部に位置するハイテク製造の拠点です。

エキスポには、466の有名企業や新興企業、研究機関が参加します。
参加企業の一部を紹介しますと、シスコはアメリカに本拠地を置くクラウドソリューションのグローバル企業です。SAPはドイツのIT企業です。
中国国内からは、ヴィーヴォとファーウェイというスマートフォンメーカーや、オファとモバイクというIoT技術を駆使したシェア自転車サービスを中国で展開している企業もあります。韓国のサムスンも参加しています。

エキスポに並ぶ製品やサービスのジャンルも多岐にわたり、自動運転車やネットと接続した車、各種アプリ、スマートシティ計画、ビッグデータ、4Kディスプレイなどとなっています。

注目のファーフェイは、スマートフォンの新製品を出品する予定です。クアルコムとハイシリコン、清華紫光集団の3社は最新の半導体チップを展示します。
そのほか、デュアルカメラや生体認証、ワイヤレスの高速充電装置といった技術も見逃せません。
さらに、先ほど紹介した「シェア自転車」のオファとモバイクの2社も最新サービスをお披露目するとアナウンスされています。

エキスポは単なる「科学技術のショールーム」ではありません。中国とヨーロッパのテクノロジーと有名ブランドが集結するため、参加企業にとっては、最先端技術を活用したビジネスモデルを構築する足掛かりになるでしょう。

エキスポではそのほか、次のようなイベントも行われます。
「中国のモバイルイノベーション講習」
「中国=ヨーロッパプロジェクト説明会」
「中国=ヨーロッパ産業協力会議」
「2017中国モバイル業界展示会」

ヨーロッパからは企業だけではなく、パリ商工会議所とドイツ商工会議所も参加していて、自転車用のスマートGPSナビシステムや持ち運び可能なスキャナーを紹介します。

エキスポ組織委員会は、「エキスポで展開される革新性は、多くの企業に新たな活躍の場を提供するでしょう。開催地のここ広東省は中国のハイテク製造の中心地ですので、グローバル企業はここでパートナー企業と出会い、未来をつかみ取ることができるはずです」と話しています。

「中国恵州IoTとクラウドコンピューティングのエキスポ」とは

エキスポは広東省、広東科学技術局、恵州市人民政府経済情報委員会が共同開催しているイベントで、第1回は2012年に行われ今回で6回目となります。
エキスポは中国経済に多くの投資を呼び込み、新しいプロジェクトも立ち上がっています。その経済効果は700億人民元(10億6,000万ドル)に達するといわれています。