【先週のSNSトレンド】話題のリスト記事まとめ|1月19日金曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。金曜日は話題な「リスト記事」です。

2018年を制する6つのIoTトレンド


IoTはすでに多くの製品や企業活動に浸透していますが、今年更に、大きな飛躍の年を迎えます。

IoTとIIoTは今年枝分かれします。2020年までには200億のデバイスにIoTが備わり、3,000億ドル以上の収入に達すると予測されています。

CTO社のScott Gnauは、2018年は消費者IoTの年だと予測します。一方、Hitachi Ventra社のRichard Rogersは、今年、工場でのIoTの役割が飛躍的に進歩する、と語ります。

OpenText社CEOのMark J. Berrenecheaは、IoTによるヘルスケア、無人自動車などに注目し、
WhereSpace社のNeil Bartonは、IoTを利用する企業のデータ解析手段の開発は加速度で必要とされるようになるだろう、と述べます。
MapR Technologies社のTed DunningはIoT制御機能がIoTそのものにより近くに設置されるようになるだろう、と予測し、FogHorn Systems社のSastry Malladiは、IIoTでのエッジ解析が更に加速すると述べます。

IIoTにより、ITチームとオペレーションチームの融合が余儀なくされ、その溝が埋められます。IoTは又、セキュリティリスクから、セキュリティの要へと変貌するでしょう。2017年にはIoTの可能性を模索していた企業が、今年はIoTをビジネスの中核にすえるようになるでしょう。

話題の元記事はこちら: 6 internet of things trends that will dominate 2018

2018年に主流となる12のIoTトレンド


2017 年はIoTによる利益よりも、セキュリティをどうするか等の課題に対処する年でしたが、これはIoTが新しい分野であることを考えれば仕方のないことです。では、今年は何がトレンドになるのでしょうか?以下は、いずれも中・長期のトレンドですが、2018年にはこれらの片鱗が現れると予測されます。

1. セキュリティ - サイバーアタックにどう対処するか
2. コネクティビティ - 企業の資産管理、交通量管理、在庫管理、政府レベルのセキュリティ管理など
3. デジタルトランスフォーメーション 
4. 機械学習 - 機械学習及びAI
5. IoTが成熟期に入る
6. 企業幹部のIoTに対する期待値が増加する
7. 収益モデルへの挑戦
8. ブロックチェイン
9. 解析リテラシー
10. M&A
11. 雇用市場の変化 - IT技術者への需要の拡大
12.次世代マニュファクチュアリング

話題の元記事はこちら: 12 Emerging Internet of Things (IoT) Trends That Will Become Mainstream In 2018

2018年IoT、10の予測


2018年のIoT分野では、以下のような動向が予測されます。

1. IoTプラットフォーム主導権争い-現状ではマイクロソフトとアマゾンが勝利を収めていますが、今年は縦型・横型プラットフォームの争いとなるでしょう
2. IoT企業がクラウドとデータレイク・クリエーション・ストラテジーをリファインする
3. 中国がIoTアダプターの主流となる
4. IoT取入にはだかる4大バリアーのせいで、IoTサクセスストーリーが生まれにくい環境が続く
5. IoTデバイス製造業者に対しもっと多数のコネクティビティ・オプションが可能になる
6. 解析とAIの活躍の場が広がる
7. 新たなGDPR規制の発効で規制に抵触する消費者向けIoTが現れる
8. IoT企業にとってブロックチェインが現実となる
9. 持続性の為のIoTが新たなテーマとなる
BAEI(ブロックチェインベースの人工知能エッジ)が主流となる

話題の元記事はこちら: 10 IoTPredictions for 2018 – DZone IoT

IoTにより、いかに我々の暮らしが豊かになるか


現在我々が生きる環境は、持続可能性の高いものとは言えません。人類が過去疫病を退治してきたように、今を生きる私たちは地球温暖化などの問題に取り組み、解決しなくてはなりません。各国政府の政策ももちろんですが、近年IoTがこの目標達成に力を発揮しています。

1. スマートシティ - 例えば都市全域をカバーするWiFiで接続されたセンサーや解析機器を利用して、都市の水の供給や街頭を自動的に点灯したりすることができます。
2. 水と空気の浄化 - インドのデリーや中国の北京では、センサーを使って空気の汚染度を市民に伝えています。
3. 農業 - ドローンや土壌センサーなどのIoTの導入により散水や肥料がコントロールされています。
4. 食品廃棄物の削減
5. 健康管理 - 患者と医療施設がIoTで繋がることで、迅速で的確な医療が提供できます。これは在宅患者などへの対応に有効です。
6. 乳がん撲滅に向けて

以上はほんの一例にしか過ぎませんが、IoTが人々の生活に多大な貢献をしているということです。

話題の元記事はこちら: 6 ways the Internet of Things is improving our lives

2018年IoT、10の予測(三つ目の記事と同様)


三つ目の記事の、転載です。
2018年のIoT分野では、以下のような動向が予測されます。

1. IoTプラットフォーム主導権争い-現状ではマイクロソフトとアマゾンが勝利を収めていますが、今年は縦型・横型プラットフォームの争いとなるでしょう
2. IoT企業がクラウドとデータレイク・クリエーション・ストラテジーをリファインする
3. 中国がIoTアダプターの主流となる
4. IoT取入にはだかる4大バリアーのせいで、IoTサクセスストーリーが生まれにくい環境が続く
5. IoTデバイス製造業者に対しもっと多数のコネクティビティ・オプションが可能になる
6. 解析とAIの活躍の場が広がる
7. 新たなGDPR規制の発効で規制に抵触する消費者向けIoTが現れる
8. IoT企業にとってブロックチェインが現実となる
9. 持続性の為のIoTが新たなテーマとなる
10. BAEI(ブロックチェインベースの人工知能エッジ)が主流となる

話題の元記事はこちら: 10 IoTpredictions for 2018