【動画】EcoStructure Foxboro DCSが利益を生む

EcoStruxure Foxboro DCSがどのようにして測定可能な運用収益向上を安全に提供し、1年足らずで100%ROIを達成する事が出来たか、この動画が説明しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

CFOは1ヶ月前から続く収入不足をどうにかする為に、娘のバレエの発表会を見に行かずに仕事をしていました。

エンジニア代表者も、月例報告で自動制御システムがどこで誤作動を起こしたかを調査していて、息子のサッカーの試合を見逃してしまいました。

何かここで良い方法があるはずです。そしてこのような思いをしている人はこの人達だけではありません。

現時点で産業事業の進歩はさらに速くなっています。

従来のビジネスを管理する方法は、月例報告が一般的でした。でも、産業の進歩が捗る毎に、月例報告では不十分で管理は追いつくことが出来ない状態になってしまいました。

ここで、新しいソリューションがあります。
EcoStructure Foxboro DCSを使うことで、CFOは娘のバレエの発表会を見に行くことができ、エンジニアは息子のサッカーの試合に間に合う事が出来ます。

スマートコントロールを導入しました。
EcoStruxureは十年かけてリアルタイムプロセス(処理)とロジック制御をする事で産業プロセスの効率化を図ります。
また、効率化を図るだけではありません。信頼性、サイバーセキュリティ、環境リスク、収益性など、あらゆることを考慮する事が出来ます。

そして、スマートコントロールはそれぞれに合わせた機器レベルで行います。全ての機器が全自動で作業が出来るわけではありません、だから人間がそれぞれの機械を管理しているのです。

基となる情報がある事で、作業している人が何かを決断する時により良い決断を下すことが出来ます。

スマートコントロール、最適化された仕事場により、全ての自動制御技術をより良くする事が出来ます。

過去数年に渡って工業プラントに設置されているすべてのものが、新しいアプローチで新しいモデルに組み込まれ、業界の利益になります。

ITとOTが同時に導入されます。経営陣は、意思決定が業務に及ぼす影響を理解し、最大限に活用する事が出来ます。

EcoStruxure Foxboro DCSを導入する事で、プロジェクトのスケジュールを30%も短縮、設備投資とリスクを20%も減少、エネルギーコストと材料コストを4%以上削減、生産量を1%向上、メンテナンス費用の削減を30%する事が出来ます。

EcoStruxure Foxboro DCSは測定可能な営業利益の改善を行います。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】5Gインフラの市場規模、2026年までに337.2億ドルに 世界のIoTに関するレポート公開中