【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|1月18日木曜日

【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|1月18日木曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。木曜日は話題な「解説記事」です。

2018年がIoTにもたらすもの


2018年にはIoTの更なる進化が期待されています。ビジネス分野では更なるサイバーセキュリティ、一般家庭ではアマゾンエコー、グーグルホームなどの浸透です。
Cisco.comの編集長によれば、2018年の最新技術で現状の隙間を埋める3つの要素は、AI、IoTそして双方向のインターフェースです。

Mckinsey & Co.,が実施した調査では、今年は昨年比14.6%増の7,725億ドルがIoT分野に支出されることが見込まれます。
2021年までには、IoT関連の投資のうち55%がソフトウェアとサービスに関するものだろうと見込まれています。
「一般消費者のIoT関連の消費は2018年620億ドルに達すると見込まれ、これは第4位の産業区分を形成します」と、IDCのマーカス・トルシアは語ります。
IoT分野を睨んだ大型企業買収などもすでに始まっています。
IoTの加速度的な普及とともに、セキュリティの重要性も高まり、これを提供する企業も大きな成長を遂げています。
一つ確かなのは、IoTがビジネスの開発と発展の中心となったということです。

話題の元記事はこちら: What Will 2018 Bring To TheIoT?

ブロックチェーン(分散型ネットワーク)がビジネスとIoTに意味すること


ブロックチェーンは、金融市場を超えて他の主要ビジネス市場へと浸透してきています。
ブロックチェーンでは、保護された環境で、ビジネス工程をシェアすることができます。それぞれのビジネス活動が鎖のように結び付けられていきます。ここで興味深いのが、一旦チェーンに追加されるとデータは恒久的なものになり、変更・削除などができないことです。
ビジネスシーンでの最も先進的なブロックチェーンの活用例は、サプライチェーンの管理です。IBMによれば、ブロックチェーンは既にウォルマートやネスレイ等の異なる産業界で成果を発揮しているということです。更には、いくつかのブロックチェーン共同企業体も形成されてきています。
現状のIoTの最大の脅威は、種々雑多なデバイスが関わることで起きるサイバーアタックなどへの脆弱性ですが、この脅威に対抗するためにブロックチェーンは有効な手段だと思われます。
既存の記録管理とサプライチェーン管理以外にもこの分野でのブロックチェーンの活用に期待が持たれます。

話題の元記事はこちら: What does blockchain mean for business andIoT?

2018年に必要とされるIoTセキュリティ


IoTは日々の暮らしを革命的に変革していますが、同時に甚大なサイバーセキュリティリスクを抱えています。現状多くのIoには十分なセキュリティ機能を備えていません。現状アメリカでは64億のネット環境に接続された機器がありますが、これは2020年までに3倍以上になるだろうと予測されています。
これらの機器をサイバーアタックなどの脅威から守るためには、製造業者がより真剣にIoTセキュリティに取り組むことが必要です。設計段階からセキュリティ機能を盛り込むことが求められ、消費者が購入後も機器のアップデートが必要とされます。これは日々刻々と変化するサイバー環境の変化に対応するためです。

話題の元記事はこちら: What IoTSecurity Needs in 2018

すべてのビジネスがIoTに関して知っているべきこと


マッキンゼーは、2025年までにIoTは世界経済で2.7兆から6.2兆USドルの経済的インパクトを持つであろうと予測しています。現状ではIoTは23%の世界的規模の企業、および14%の中小企業で利用されています。IoTとは、センサーのように電気機器に取り付けられていて、リモートコンピューターにその機器の置かれている環境などに関する情報を送る機能を持ったものです。
しかし、IoTの真の価値はデータを送ることで終わるのではなく、そのデータを解析することで得られます。IoTテクノロジーには、データを収集する機器とセンサーからデータを解析し活用するまで、5段階あるといわれています。
ビジネスの観点からのIoTの利用価値は;意思決定力を高める、生産性を向上する、収益を伸ばす、顧客満足度の向上、等があげられます。
IoTを自社の事業に導入するに当たっては、まずIoTが事業方針にどのように関連付けられるのかを探り、試験導入をしてみることが大切です。
IoTの未来は、これから更に開けてくることでしょう。

話題の元記事はこちら: What every business needs to know aboutIoT

IoT、5G、ビックデータに関して知っておくべきこと


IoTによって、様々な機器からデータを収集することが可能になり、例えば、公安関係企業は公共の安全に関する大量のデータ収集が可能になった反面、この膨大なデータのセキュリティとプライバシーという問題が起きています。
4G/5Gとは、データの許容量を示しています。データ処理スピードが飛躍的に伸びることで、人々の暮らしも大きく変化します。ミッションクリティカル・ユーザーにとってこれには高い有用性がありますが、同時に信頼性や優先性等もミッションクリティカルに見合う制度が必要となります。日本を始めとする5Gをミッションクリティカルレベルで導入している国に対し、専門家は注意深くその経緯を見守っています。
IoTの活用で、センサー、カメラ、ドローンなどから大量のデータが収集できますが、それをどう処理し役立てるかは重要な課題で、それには慎重なプランニングが必要となります。
意思決定者が接することができる情報量には限りがあるため、それをどのようにまとめるかに真価が問われます。

話題の元記事はこちら: What everyone must know about IoT, 5G and Big Data

IIoTで農業機器のリアルタイムデータを収集し、農業の生産性を向上させる 世界のIoTに関するレポート公開中