【動画】ドライビングサイエンス:オークランドの大気汚染の地図作成

データ駆動型の将来において、環境面について配慮する必要があります。都市の大気汚染を解決するには、科学と大規模なデータによって推進される解決策が必要です。GoogleとEDFによって一つの新しいプラットフォームが構築され、大気汚染についての情報が明確になります。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

今まででは、誰も大気汚染を地図化した事がありませんでした。

大気汚染はとても頻繁に起こりやすく、街毎、ブロック毎によってレベルが異なります。

その為、大気質の情報を提供する事で、排出ガスやその他の要因となる汚染物質がどのように変化するかを理解する事が出来ます。

モバイルプラットフォームは、車に搭載されており、専用の車をドライブする事でパートナーシップに結ばれているEDFとグーグルのマップに大気質の情報が書き込まれていきます。

車は、40,000マイル以上もオークランドの町を運転していて、人間の健康や天気に影響する大気の質を観測しています。

大気汚染の理解が科学で行われるようになってから、それぞれのコミュニティがどのように影響するかを考える事が出来ます。

気候変動が人々に及ぼす最も重要な変化は、人間の健康を通じて起きます。ただの雰囲気や感じ方だけで大気の質を感じるのではなく、きちんとしたデータを基に、どのような空気が自分が吸っているのかを知ることはとても大切な事です。

環境変動データを取得し、それを視覚化する事が出来れば、このオークランドの町で大気質の悪化の要因を掴むことが出来ます。

でも、そんな事をしなくても特殊なセンサーネットワーク、機械学習ビッグデータを全て統合して1つのプラットフォームに備え付ければ大気に関する全ての情報の現状を視覚化し、さらに予測する事も出来ます。

このプラットフォームがあれば、科学がより進歩する事は間違いないでしょう。

今まで見えなかった物事を視覚化する事によって、都市と地域社会問題を解決し、より多くの人が新しい一歩を踏み出すことが出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
スマートファクトリー市場は2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長。技術、コンポーネント、エンドユーザー産... 世界のIoTに関するレポート公開中