【動画】拡張実現デモ:NI InsightCM、PTC ThingWorx

National InstrumentsのInsightCM、PTC ThingWorx、およびOSIsoftのPIシステムの技術を使用して、様々なタイプの障害を事前に検出出来るFlowserveポンプのデモをご覧ください。拡張リアリティレイヤーは、修復を支援する一つの方法です。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

工場施設の効率に重点を置いてみてみると、資産の総所有コストは、計画外の作業中止期間の機会費用と関係があります。

計画外の作業中止期間は、メンテナンスの不足により起こり、世界の製造産業の年間生産量の5%を要します。これは、200億ドルの損失と等しいと言えるでしょう。そして、予防のメンテナンスによって80%以上が避けられる可能性があるのです。

OSIsoftは、産業運営および資産所有者を、一部の産業サービスプロバイダまたは機器メーカーと提携して運営しています。それによって、作業中止期間を減らす事と、機器の修理を素早く行うことが出来ます。

よく産業において使われるポンプを基にしたデモを行いました。
FlowserveポンプはNational Instrumentsのプラットフォームを搭載しPIシステムでオペレーターはシステムを画面上で見ることが出来ます。そして、PTCプラットフォームの要素も取り入れています。これは、異常検出の解析を行うもので、拡張現実を可能にするものです。

デモでは、
バルブをきつく締めると、画面上に気泡が現れ、約5日間でポンプに故障が起こると予測しています。

モーターの近くにあるレバーを引くと、軸のずれを引き起こします。それによってモーターはポンプと完全に位置を合わせる事ができなくなってしまいます。

ポンプが2つの異なるタイプの故障を区別することができ、ポンプはプラットフォームによってスマートになります。工場の所有者にメールを送る事も出来ます。

技術者は、iPad上で拡張現実を使用し、機械の状態を把握することも出来ます。CADデータにより、ポンプで何が起こっているのか、一つ一つの部品を見ることも出来ます。それによってどのような対応をすれば良いのかが明確になります。

この他にもたくさんの産業での対応をOSIsoftは考えており、どのような環境でも使えるようにします。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:【動画】ThingWorxのケーススタディ:Telco Provider ElsiaはThingWorxプラットフォームを使用してIoTソリューションを構築しています