【動画】IoTアプリケーションのためのメッシュネットワーク VS セルラー・テクノロジー

【動画】IoTアプリケーションのためのメッシュネットワーク VS セルラー・テクノロジー

メッシュネットワークと、Cat 1、Cat M1やNB IoTなどの新しいLTEネットワークのどれを選べば良いのでしょうか。DIGIのチーフイノベーターであるRob Faludiが、メッシュネットワークとセルラーテクノロジーの違いや、それぞれのメリット・デメリットを説明してくれます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

私はRob Flutie、DIGI Internationalのチーフイノベーターです。
今日は、IoTのアプリケーションのために、メッシュネットワークとセルラーテクノロジーのどちらを選べば良いのか、いくつか情報を教えましょう。

メッシュネットワークは、データを装置から装置へ飛ばして、装置の届く範囲を拡げることで、遠くにありすぎてお互い直接聞くことができない無線も聞くことができるようになります。
一方、セルラーテクノロジーでは、お互いの装置はコミュニケーションを取れませんが、ネットワーク内ではコミュニケーションができます。

ここで簡単に比較してみましょう。
メッシュネットワークは、同じ位置にたくさんの装置があるか、セルラーがカバーできないときには、いいソリューションです。ローカルの装置にたくさん話しかけたり、装置同士のコミュニケーションが頻繁なネットワークには、最適でしょう。

例えば、メッシュネットワークは都市の街灯によく使われています。
街灯は大抵同じ場所に密集しています。
一つ消えれば他の街灯が明かりを強くするなど、互いに補い合うのです。
自動で感知し、作動することで街灯のネットワークを安定させているのです。

セルラーネットワークは、比較的装置が少ない場合に役立ちます。5つから10つといったところでしょうか。
クラウドには作用しても、装置同士は働きかけない場合などがいいでしょう。

もちろん、セルラーは常に作用していなければなりませんし、データプランに入っている以上、コミュニケーションは簡潔に的を得たものにしたいと思うでしょう。
セルラーネットワークは、例えば、燃料タンクの監視にはもってこいでしょう。

緊急用の軽油タンクを思い浮かべてください。
タンクの現状と燃料レベルを知りたい場合、互いをつなぐものは少ないですが、燃料レベルや問題発生時にコミュニケーションをとれば、問題ありません。
装置が遠くにあることから、WiFiやインターネットは使えませんが、クラウドに繋ぐことで装置同士のコミュニケーションは不要になるのです。

まさにいま、携帯の世界は驚くほど発展しています。
新たなLTEは、低帯幅で広範囲・低力のコミュニケーションを可能にする通信規約を支持しています。

よく耳にする二つの規約は、我々のLTE Cat M1とNB IoTでしょう。
これらの新たなネットワークが広がることにより、セルラーネットワークのコストが削減され、新たなアプリケーションが可能となるのです。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

AIによる医療革命。創薬、臨床試験、ロボット手術、患者管理を効率化 世界のIoTに関するレポート公開中