【動画】インテリジェントエッジ&IoT:IoTデバイスでデータの保護

今後5年間で、IoTの急成長によりデータを保護する能力を高める必要があります。個人で使っているデータの漏洩がされていたり、自分の使っているデバイスのデータがどこにいっているか、ユーザーは知る必要があり、よりデータの保護を強化しなければなりません。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Fact or Fictionへようこそ。今、とってもアツいITソリューションの実態と、誇大宣伝を区別する時間です。

今回のトピックは、インテリジェントエッジについてです。特に、IoTデバイスからのデータの保護についてを深めていきます。

今後5年間で、データを安全に保護する能力を高める事は、最も重要になってきます。

ファクト
100%真実と言える事は、新しいIoTプロジェクトは、安全ではないという事です。

フィクション
例えば、ドローンやコーヒーカップなどを購入したとしましょう。メーカーはセキュリティを考慮していません。メーカーは、データを収集し、AmazonやWatsonなどにデータを漏らしています。

何マイルあなたが走ったか、何歩あなたが歩いたか、コーヒーを何杯飲んだか、ドローンがどのくらいの距離を飛行したか、どのくらいの距離を車が走ったか、あなたは、これらのデータがどこにいっているか知っていますか?
あなたのデバイスは安全ですか?あなたのデータにはあなたしかアクセスできないと確信出来ますか?おそらく、出来ないでしょう。

真実
安全面には十分考慮しており、IoTプロジェクトを停止させる要素はなく、解決しつつあります。IoTのためのRFサイン、ネットワークアクセスコントロールは急速に成長しており、今後5年間で人々は安全面に心配がなくなるでしょう。

特定の産業では、セキュリティ上の懸念を上回る価値がIoTにはあると考えられています。人々がデータをどのように使うかが最も大切な事だと言えるでしょう。

Arrow Electronicsについて

Arrow Electronicsは、2016年の売上高が238億ドルの電子部品およびエンタープライズコンピューティングソリューションの産業および商業ユーザーに対する製品、サービス、ソリューションの世界的プロバイダーです。

詳しくは、https://www.arrow.com/en/about-arrow/overviewをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
自動車業界に革命を起こすブロックチェーン技術。スマートマニュファクチャリング、IoTなどブロックチェーンの使用可能な部門... 世界のIoTに関するレポート公開中