【先週のSNSトレンド】話題の動画記事まとめ|1月3日水曜日

先週話題となった動画は「IoTとは?」などの基本概念とIoTの未来を予測したものが多く見られました。ひと昔前にUXの基準として「1クリックで〜」というものが流行りましたが、現在では「ワンタップで〜」が増えたことに時代を感じます。

IoTとは何か?Internet of Thingsの解説

IoTを使用したDIYプロジェクトとしてSun IoT Beginner Projectを紹介します。精巧に作られたとても小さなセンサーが付いており、これは太陽光を感知して赤外線やUVを検出するので、日焼けが気になるときには、あなたが今いる場所に日光がどのくらい当たっているかという状況をディスプレイに表示されるデータから知ることができます。また、はRasberry PIを使って作られた小さな気象観測器であるGrove Weather PIは、計測した場所の気象データを記録することができ、IoTネットワークを介してインターネット上で共有すれば、情報を公開することもできます。これが、IoTデバイスを使用したビジネスの一例です。

話題の元記事はこちら: What Is IoT?

インテルソフトウェアのIoT開発者ショー(2017年12月)

Up Squared Grove IoT Development KitはIoTソリューションのプラットフォームです。もっとも特徴的な部分は、Arduinoのクラウド開発環境Arduino Createとの互換性がある部分です。コンピュータービジョン、機械学習、メディアのエンコーディングとデコーディング、信号処理とデータ処理を行う人に役立ち、速度が速くとても使いやすいです。この基盤にはUbuntu 16.4がインストールされており、画像処理能力およびCPUが速く、dual-core Intel® Celeron® processor N335を搭載しており、マルチディスプレイになっています。GPIO、PWM、12C’s、SPI、USB3.0、mini PCIe、M.2、SATAなど多くのI/O拡張オプションが付いており、多くのクラウドプロバイダーと統合することができます。

話題の元記事はこちら: Intel® IoT Developer Show December 2017

IoT(Internet of Things)の将来

Internet of Thingsはやがてやってくるすばらしい時代に先駆けてすでに成功の兆しがあります。IoTはスマートフォン、ノートパソコン、タブレットに限らず、洗浄ロボット、テレビ、編集ロックなどすべてのデバイスがインターネットにつながります。この洗練された時代には、デバイスのワンタップでスマートホーム、ヘルスケア、スマートシティ、セキュリティとその結果生じることまですべてのアドバイスが要領よく見つかり、子どもたちをサポートします。

話題の元記事はこちら: The Future of IoT ( Internet of Things )

HITSのCEO、Gamal Shenouda氏がIoTの定義を語る

HITSのCEOであるGamal Shenouda氏がIoTの重要性と定義、HITSがどのようにIoTの変化を先導していくかについて視聴者に向けて語っています。HITSとは、IoTスマートアテンダンスソリューション、スマートビルディングソリューション、アクセスコントロール、テーラードIoTソリューション、HRMS、HRアウトソーシング、HRコンサルタント&サービスを含む人材管理ソリューションのワンストップショップです。

話題の元記事はこちら: HITS CEO Mr. Gamal Shenouda speaking about the definition of the IoT

IoT Chainレビュー

IoT Chain(ITC)は、IoTのセキュリティに関する問題を解決するために設計されたOSです。ITCはユーザーのデバイスをハッキングから守るだけでなく、デバイスのデータも保護します。メインチェーンはPBFTコンセンサスアルゴリズムを採用しており、メインネットは同時に10万の同時実行の要求を満たすことができます。有向非巡回グラフを用いたシステムとなっており、この構造がIoTのメッセージ通信に適し、ハイパフォーマンスを発揮します。ITCのノードはSPV技術を採用しており、これによって大部分のネットワークと有向非巡回グラフが持つデータの拡張性の問題を解決することができます。

話題の元記事はこちら: IOT Chain Review

先週はその他にも、上記と同様な「IoTとは」に関する動画が2つほど、またセキュリティに関する動画が一つ上位に話題入りしていました。