【動画】OSIsoftはどのようにIIoTのためにPI Systemを拡大しているのか

IoTが主に行うことは、センサーに直接手を伸ばし、データを取ってくることです。新しいアプリケーションは新しいタイプのセンサーを取り込み、ローカル・デシジョンを決め、最終的にはお客様のオペレーショナル・エクセレンス・ゴールを達成するためのお手伝いをします。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

モノのインターネットが行っていることは、IPアドレスを所有するスマートデバイスで、センサーに直接手を伸ばすことができ、そのデータをオートメーションシステムから独立して収集することです。

これは、そのセンサーが本質的に知能を(テータを通信し)提供するからであり、ご存知の通り10年前には存在しなかったものです。

たとえリモートアセットにセンサーをつけることは、仕組み的には実現可能だとしても、全てのデータをいつでもPI Systemに送信することは、実現可能ではないかもしれないことは周知の事実です。そのため私たちは「8時間毎」にデータを送信するのです。

この8時間周期で取得してきたデータの平均がこちらにあり、それを送ります。

これらの小さなエッジタイプ・アプリケーションがあれば、コントロール・システムに統合するのが難しかった、あるいは費用対効果が高くなかったであろうアセットにもっと近づくことができます。

今やエッジの外にこれらの新しいアプリケーションがあるので、新しいタイプのセンサーを取り込んだり、ローカル・デシジョンを決めたり、最終的にはオペレーショナル・エクセレンス・ゴールに関してお客様を助けたりできます。

そのデータのためのいくつかのコンテキストは、エッジ・デバイスからきているか、または時にはアプリケーションによって適用されたものです。

そのため、そのコンテキストを上に下にとアーキテクチャに同期したり、または異なるサイロを渡って同期することは、見えないところでのデータの受け渡しのため、危険が伴います。

37年以上かけて私たちがOSIソフトウェアについて解決したことの一つに、これらの異なるサイロからデータを取り出す、というものがあります。

すべての問題を上から下まで解決できるベンダーは一つとしていません。だから強いエコシステムを持つことが膨大な数のテクノロジーを取り込んだり、正しい専門分野を取り込んだり、または正しいソリューションやハードウェアを取り込んだりするのを助けるのです。

私たちが伝統的でないと言えるこれらのデータパターンを扱い始めるために、35年間持っていたデータ・インフラストラクチャ・メッセージを広げるのを可能にしているのはテクノロジーで、センサーに直接手を伸ばすのです。

これはよりよい解像度にたどり着けるということです。ただ重要なアセットを、一つか二つの設備をモニターするのではなく、また、どのように多くの異なるものをモニターするのかということではないのです。これは検出のコストが下がっており、皆さんはより多くの情報を得られ、はるかに最適化できるからです。

今私たちはアプリケーション層と共にデータ・インフラストラクチャを持っているため、Disruptor(破壊者)がやってくることができ、disrupt(既存業界を崩壊)していくのです。

OSIsoftについて

OSIsoft、LLCはPIシステムと呼ばれるリアルタイムデータ管理用アプリケーションソフトウェアの製造、提供をしています。1980年に設立されたOSIsoftは非上場企業で、カリフォルニア州サン・リアンドロに本社を置いています。

詳しくは、https://www.osisoft.comをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方