【動画】DHLスマート倉庫

DHLがIoTを使い様々な企業と提携する事でデータの管理を簡単に行う事が出来ます。倉庫の状況をひと目でわかるように視覚化出来るので、非常に管理がしやすいようになりました。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

DHLは技術革新に向けた規則正しいアプローチを行ってきました。
非常に厳しい規定を設けて、世界規模のスケールにするのには、顧客/商品に自信を持ってからではないとなりません。

常に、どうしたらより良い配給が顧客に出来るか、より高い質を保てるか、安全性の確保など、全てがより良くなるように考えています。

物流動向データを発表し、傾向を高頻度で分析しています。そうする事で、環境の改善をする事が可能になります。

改善を施し、地域環境に完全に対応する事が証明されたら、ようく世界規模のスケールで物を提供しています。

モノのインターネットは、この会社にとってただの言葉ではなく、デバイスを接続したり、ネットワークに接続したり、長い目で見てとても大切です。

実際に、この会社はモノのインターネットを使ったITシステムを何ヶ月も、何年も見てきましたが、IoTプラットフォームはデータにリアルタイムでアクセスする事がとても早く出来る事が分かりました。

Cisco社は屋内での情報を把握するのに必要不可欠になりました。その為、追加でパートナーと提携する事はとても大切だと分かりました。

DHLは主にいくつかの情報網で構成されています。

Wi-Fiを通じて製品の位置を把握する事ができ、倉庫の運営システムでの状況の把握も出来ます。これらの情報源は基本的に倉庫内の視覚化に役立たれます。

運営をする上で、常に2つの側面から物事を考えています。1つは倉庫の効率を高める事です。そして2つめは安全の事に関してです。

「Aggregate Position of Individuals」はヒートマップを作るのに役立ちます。ヒートマップは、倉庫内の従業員がどこにいるか、どこが集中度が高い、低いかが分かります。それによって、製品を置く場所を考えたりする事が出来ます。

モノのインターネットは倉庫へのより良い見通しを与えることが出来ます。

起こった出来事の再現をする事や、問題の解析などは40,000平方メートルの倉庫のサイズでも可能です。

もちろん、このぐらいの広さにもなると運用管理者は目が届きません。

倉庫の使用量を、日、週、そして月で分析する事ができ、在庫の最適化に役立ちます。これで移動距離を最小化する事が出来ます。

このようにデータを情報に変換する技術は新しいものです。

IoTを通じたデジタル化によって何ヶ月も分析結果を待つ事をしなくても、すぐに結果をしる事ができるので即行動に移すことが出来ます。

DHLについて

世界220以上の国・地域を結ぶグローバルネットワークを擁するDHLは、世界で最も国際的な企業として、無限に近いほど多様な物流ニーズに対応したソリューションを提供しています。国際エクスプレス輸送、航空輸送、海上輸送、陸上および鉄道輸送、梱包から修理、保管までの倉庫管理ソリューション、国際メール便およびその他カスタマイズされたロジスティクスサービスに至るまで、DHLが提供する全てのサービスを活用し、人と人を結び、生活の向上をサポートします。

詳しくは、http://www.dhl.com/en.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
北米の近接センサー市場、2018年までに12億3000万ドルに達する見込み。その市場動向と分析 世界のIoTに関するレポート公開中