【動画】3DプリントとIndustry 4.0を使った未来の製造方法

Divergent 3DのCEOであるKevinCzinger氏は、3DプリントとIndustry 4.0での製造の将来について説明しています。彼は、産業モノのインターネット(IIoT)で新製品を開発する上で重要な事を説明しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Kevin Czinger氏はDivergent 3DのCEOです。
Industry 4.0はドイツや世界にとってとても肯定的な見方が出来ます。

現実的に製品がどのように人々、つまり顧客を引きつけるかを考えることはとっても重要です。その為にはたくさんの情報収集が必要となります。

情報収集をして、顧客を引きつける事は、競争をする上でも大切な事ですが、ただ単純により良い製品を作り、顧客に届けられる環境を作る上でも大切です。

最近では、2つ大きく変わったことがあります。

1つ目は、3D金属プリンティング技術およびその他の製造技術の急速な発展です。従来よりもはるかに高速な設計に対するフィードバックを可能にし、試作品を作ることが早く出来ます。

2つ目は、企業の経済的成功だけではなく、環境に対しての対応の変化です。Internet of Things(モノのインターネット)は環境と結びつく時が来たのです。

製造がどう環境に影響するか、製造サイクルを分析し、採掘から組み立て、製品の操作までをIoTはこなします。

たくさんの協議会をする場を設けるのはとても良いことで、ソーシャルメディアへの発信はこれからも続けた方が良いと思っています。

Boschのイベントを通じて若いエンジニアを成長させる良い機会が増えることを願っています。

このような働きや思いがIndustry 4.0をさらに成長させることでしょう。

Bosch Software Innovationsについて

Bosch Software Innovationsは企業がデジタル化に変革するためのサポートをするために、IoTを使った様々なソフトウェアを開発しています。

詳しくは、https://www.bosch-si.com/corporate/about-us/bosch-software-innovations.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか? 世界のIoTに関するレポート公開中