【動画】Boschの安全なトラックパーキング: SAP HANA Cloud PlatformとSAP自動車ネットワーク

トラックの運転手にとっての大きな問題は、休息時間を取るのに適した駐車スペースを確保する事です。平均して、年間44件の致命的な事故が、ヨーロッパの駐車場で発生しています。Boschは、SAP HANA Cloud PlatformとSAP Vehicles Networkを活用し、安全で信頼性の高いパーキングソリューションを開発しました。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

トラックドライバー(トラックの運転手)にとって一番の問題は、トラックに適した駐車場を見つけ、駐車する場所を見つける事です。

駐車場が混んでいる時に、年間でたくさんの事故が駐車場内で起こり、駐車場が混んでいて入れない時には、運転手は駐車場ではない場所にトラックを駐車させて休憩などをしています。
これによって、トラック自体にも、トラックを運転している運転手にもリスクが伴います。

そんな時、Bosch社は安全で信頼性のあるソリューションをSAPと提携して開発しました。それは、「Bosch Secure Truck Parking」です。

駐車場のオペレーターは利用可能な駐車場について顧客に知らせ、予約を出来るようにします。
この機能は、様々な企業の駐車場で導入されています。

今、駐車場をインターネットに接続する事が出来ます。物理的な駐車場をネットに接続させ、SAPのクラウドソリューションを使っています。

輸送会社やトラックドライバーは到着時間を予測して、顧客アカウントを通じて駐車場の予約がをすることができます。万が一、交通渋滞などで遅延が見込まれる時は、いつでも予約の時間をアップデートして変更出来ます。

もし、あなたがホテルを探す時、一つずつ空いているホテルを探しませんよね。泊まる場所を探す時、インターネットで予約をするのが一般的です。これと同じ事をトラックの駐車場でも行っています。

Boschの自動車工場の1つが、ドイツのA5高速道路のすぐ近くにあります。この工場はトラック駐車が出来るスペースが不十分です。

駐車場の入り口にあるカメラが予約時に登録しておいたナンバープレートを確認し、情報が一致したら、駐車場のゲートが自動的に開きます。
このソリューションは高度で安心の信頼性を築き上げる事に成功しました。企業や運転手は、貨物がどこにあるかを知ることが出来るので安心です。

駐車場からトラックが出る時、キャッシュレスで支払いを行う事が出来ます。カメラで認識したナンバープレートのデータが、SAP自動車ネットワークを通じでBoschに送信されます。
トラックを運営している企業が支払いをまとめて行うことが出来ます。

これによって、トラックドライバーにとってより効率的で便利な駐車場サービスを提供する事が出来ます。

SAPについて

SAPはドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社です。SAPは主にビジネス向けソフトウェアの開発を手掛ける大手ソフトウェア企業であり、売上高ではマイクロソフト、オラクル、IBMに続いて世界第4位です。

詳しくは、https://www.sap.com/index.htmlをご覧ください。

Boschについて

Boschとは、ドイツを本拠とする自動車部品と電動工具のメーカーの事です。業界においては世界最大のシェアを持ちます。主要な製品は自動車機器、産業機器、消費財・建築関連機器などです。

詳しくは、https://www.boschautoparts.com/en/をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
ロボットシステムが生産現場の安全性を向上させ、生産力を強化する。市場動向やタイプ別産業用ロボットの分析 世界のIoTに関するレポート公開中