【先週のSNSトレンド】話題のリスト記事まとめ|12月21日金曜日

先週最も話題となったリスト記事は、IoTの認知度が向上するにつれての様々な業界の変化を懸念とするものが多く見られました。

2018年ビジネスに影響を与える8つの革新的なデータの動向

Infogixによる最近の報告から2018年のデータに関するトレンドを8つ挙げていきます。

  1. データ集中管理テクノロジーの発展が期待されます。会社情報や顧客データを利用価値の高いものにするには、データの質や分析、ガバナンス、統合などに関するタスクを処理するツールが必要になります。
  2. データガバナンスがますます重要になります。
  3. チーフデータオフィサー(CDO)の増加が引き続き見込まれます。
  4. GDPRなどによる規制によってデータのプライバシーが保証されやすくなります。
  5. メタデータ管理が急増します。
  6. データ資産のマネタイゼーションが活発になります。
  7. データの質を向上させる予測分析が発展します。
  8. IoTの活用がより現実的になります。

これらの予測のうち、メタデータ管理やGDPRによる規制は以前から見込まれていたことですが、データ集中管理テクノロジーの発展は2018年の動向として予想外であると見られています。

話題の元記事はこちら: 8 game-changing data trends that will impact businesses in 2018

IoT実装の難しさを克服するための4つの方法

IoTを企業で活用するためには、IoTプラットフォームが何千ものベンダーと、いくつものスタンダードをサポートし、何億ものメッセージを送受信しながら何百万ものデバイスへの拡張性を保たなければなりません。そのために企業のエグゼクティブはIoTの実装に多くの課題を感じているようです。ここでは今後解決していくべき4つの課題を挙げていきます。

  1. 現状の環境と新たなテクノロジーを統合すること。
  2. プロトコルが急増することによる管理の難しさ。
  3. エッジからデータを取り込むというネットワークの課題。
  4. IoTの発展的分野に関するベストプラクティスが少なすぎること。

話題の元記事はこちら: 4 Ways To Overcome The Complexity Of IoT Implementation

CES2018で見られたスマートホームに関する7つのトレンド

スマートホームの分野において顕著なトレンドを見分けることは難しいですが、新たに浮上してきた動向を7つに絞ってお伝えします。

  1. セキュリティがやはり重要な要素になります。
  2. ボイスアシスタントもIoTの適用を促すことになりそうです。
  3. 新たなセンサ技術とともにAIが発展します。
  4. クラウドからエッジへの転換が起こります。
  5. スマートホーム向けのスタンダードの見通しはまだ現実的ではありません。
  6. オープンかクローズかキュレートするか、エコシステムを再考する必要があります。
  7. 良い暮らしやオーガニック志向など健康に関する意識が家庭内のオートメーションを進めていくことになりそうです。

話題の元記事はこちら: 7 Smart Home Trends at CES 2018

Internet of Things向けのITネットワークを準備するための7つの手段

必要な箇所を効果的にモニタリングしてくれるネットワーク監視ツールを使用すれば、IoT環境下でのITインフラをよりよく見渡せるようになります。IoT環境を整えるためにネットワーク面ではどのような準備が必要になるでしょうか。そのうちの7つを以下に挙げます。

  1. IoTゲートウェイのセットアップ。
  2. ネットワークのキャパシティと十分な帯域幅の確保。
  3. ビッグデータを分析するためのネットワークの用意。
  4. ビッグデータを格納するためのネットワークの用意。
  5. 多くの新たなデバイスをサポートするためのIPv6へのアップグレード。
  6. IoTにふさわしいネットワークの確保。
  7. IoTサポート用のネットワーク監視のセットアップ。

話題の元記事はこちら: 7 ways to prepare an IT network for the Internet of Things

IoTデータから実用的なインサイトを得るための6つの方法

IoT対応デバイスを使用して収集されたデータは、通信ステータスの確認や、企業が製品の機能性や使いやすさを高めるためのフィードバックなど、様々な用途に使用することができます。ここでは用途に関わらず、IoTから得たデータを効果的に使用するためのポイントを挙げていきます。

  1. 目的を設定すること。
  2. データの情報源を知ること。
  3. インテグレーションの問題を解決すること。
  4. データ分析の基本的な部分を管理すること。
  5. 適切な人員配置を行うこと。
  6. 成果に注目すること。

以上のポイントに気をつけながらデータを適切に使用すれば、企業のコスト削減とビジネスチャンスの創出のために重要な役割を果たしてくれます。

話題の元記事はこちら: 6 Ways To Get Actionable Insight From Your IoT Data

先週はこの他にも「IoTがビジネスをどう変えるか」や「サプライチェーンに影響を与えるIoT」、「ビッグデータ」など、IoTが及ぼす様々な影響を予測するものが多く話題に入りました。

世界の産業自動化制御市場、2018〜2222年の間に5.81%のCAGRで成長する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中