【動画】IoTデジタル農業をKroneと共に

ドイツの大手農業器具メーカーであるSAPとKroneは、農業のデジタル化を支援するために力を合わせています。農業のデジタル化を推進していくことで、収穫をより効率的に行うことが出来ます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

センサーによってデータを測定する事で農場をデジタル化します。

測定されたデータはクラウドプラットフォームに収集され、分析が行われ、リアルタイムにいつでもデータにアクセスする事が出来ます。

SAPモノのインターネットソリューションは農業をより効率的に行うことが出来ます。
Joseph Cordis氏は常に570頭の牛を飼っていて、さらに200ヘクタールもの広さでコーンを培養しています。

毎年彼はコーンがどのタイミングで成熟して収穫するか見極める事に挑戦しています。
過去二年間は収穫が遅れていました。これはコーンの成熟が遅い為です。これにより、請負業者との契約をやり直さなければいけません。コーンの成熟が遅れる事には仕事に大きな影響があります。

コンバインハーベスター(収穫機械)は農業において主要な機械です。SAPや15のパートナーと提携を結ぶ事により、様々な事が可能になり、新しい農業のためのデジタルプラットフォームが誕生しました。

農家の人たちのニーズに耳を傾けると同時に、幅広いアプリケーションの構築をする事が必要でした。結果的に、収穫をするのに完璧な機械を生み出すことが出来ました。

作物の収穫中に、機械は自動的に作業経過のデータを送ることが出来ます。同時に、農場経営者は、データをリアルタイムで見ることができ、どこにいても収穫の管理をする事が出来ます。

収穫中、農場経営者は機械の位置がどこにあるのかを把握する事ができ、どのくらい収穫をしたのかも確認する事ができます。

農家の人は、その場で作物の栄養やその他の情報を見ることも出来ます。この農家の場合ですと、コーンの栄養度が分かるので、どのくらい他の作物と混合した餌を牛にあげるかを決める事が出来ます。

農場経営者と請負人の間でのデジタル通信はより効率的に農業運営をする事ができ、さらに持続的に維持をすることができます。
前回までのデータを基に、どれくらいの肥料を今年に使うかを予測してくれます。こうする事で、余分に肥料を買う必要がないのでコストの削減と環境にも優しくなります。

それぞれの畑では違う土を使っていて、湿度が違ったりします。農家の人はそのようなデータを蓄積して次の年に役立てることが出来ます。
デジタル農業はたくさんの機会を与えてくれます。

SAPについて

SAPはドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社です。SAPは主にビジネス向けソフトウェアの開発を手掛ける大手ソフトウェア企業であり、売上高ではマイクロソフト、オラクル、IBMに続いて世界第4位です。

詳しくは、https://www.sap.com/index.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
スマートファクトリー市場は2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長。技術、コンポーネント、エンドユーザー産... 世界のIoTに関するレポート公開中